ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

2016年GWイベントお勧めスポット!東京・大阪・九州まとめ

   

2016GW

出展:http://travel.rakuten.co.jp/special/GW/

今年のGW(ゴールデンウィーク)は、上手に取れば10連休。少し遠出を考える方も多いかもしれませんね。とは言っても、やっぱり近場が安心安全やす上がり。

そんなわけで、近場で気楽に楽しめるイベントや穴場スポットはないか、地域ごとに調べてみました。

スポンサーリンク

東京のお勧めフェス&イベント

GW

出展:http://xn--2015-pk4cgm7eyb8mpa8g0q0dwff.com/

家族で?デートで?それともひとりでのんびりする?

(1)花まつり系

ご家族でもデートでも、ひとりで写真を撮る目的でもまちがいない「花まつり系」イベント。ほとんど交通費のみというのもうれしいところ。

・亀戸天神社 藤祭り 学業講祭

【開催期間】2016年4月16日(土)~5月5日(木)

東京一ともいわれる藤の花の庭園
入場無料で屋台も多く、ご家族で楽しめる。
東京都 江東区 亀戸3-6-1 TEL 03-3681-0010

・神木山 等覚院

【見ごろ】4月中旬~4月末くらいまで

つつじ寺として有名な溝の口の寺院
約2,000株のつつじは見事。入場無料
立地的に静かな環境なので、おひとりまたはカップル推奨です。
神奈川県川崎市宮前区神木本町1-8-1 TEL 044-866-4573

・国営武蔵丘陵森林公園 わかばフェスタ

【開催期間】2016年4月23日(土) ~ 2016年5月29日(日)

約50万本ほどのアイスランドポピーが咲き乱れる広々としたお花畑や、アスレチック・サイクリング施設などがあり、ご家族で一日楽しめる。
各日ごとに違ったイベントが行われるのも魅力。
埼玉県 比企郡 滑川町山田1920 TEL 0493-57-2111(管理センター)

(2)とにかく楽しいフェス派

東京といえば、年中各国のフェスティバルが楽しめるのも利点のひとつですよね。
GWに開催される評判のよいフェスティバルを厳選しました。

1・シンコ・デ・マヨ ラテンフェスタ

【開催期間】2016年5月3日(火)~2016年5月5日(木)

すでに4年目を迎えるラテン文化祭。
渋めの音楽から楽しいダンスパフォーマンスまで、あらゆる年代で楽しめる。
メキシコ・ペルー・アメリカ・ブラジル・チリから来日する有名パフォーマーが身近に見られ、美味しいフード類も人気。
【場所】お台場特設会場
【料金】前売り1000円、当日1500円
お問い合わせ:Cinco de Mayo Japan 事務局
メール:info@cincodemayo.jp 電話番号:03-6861-3983

2・横浜 フリューリングフェスト

【開催期間】2016年4月29日(金・祝)~ 2016年5月8日(日)

ドイツの春祭りを模したこちらも4回目の開催となるお祭り。
ドイツビールはもとより、ソーセージ・パン・チーズ・お菓子などのメニューの豊富さと生バンド演奏。
お子様むけのアトラクションやワークショップもあり、ご家族で楽しめる。
【場所】横浜赤レンガ倉庫
【料金】無料:飲食、アトラクションは別料金
横浜赤レンガ倉庫2号館 TEL:045-227-2002(代表)

3・お台場ハワイ・フェスティバル

【開催期間】2016年4月29日(金・祝)~ 5月8日(日)

ハワイアンミュージックやダンスが楽しめるステージと、深海をイメージしたプロジェクションマッピング。
ハワイアンフード、特にパンケーキ・アイス、フルーツなどスイーツが充実しており、女性やお子様が喜ぶこと請け合い。
各種ワークショップなど飽きることなく一日遊べる。
【場所】ヴィーナスフォート他
【料金】無料:食事・ワークショップなど別途
ヴィーナスフォート TEL:03-3599-0700

関西方面・お出かけガイド

スポンサーリンク

ご家族で楽しいスポット厳選

(1)低価格帯イベント

・中の島まつり

【開催期間】2016年5月3日(火)~2016年5月5日(木)

手作り感満載・アットホームでも豊富な出店とイベントで飽きない楽しい市民の文化祭。手作りのアトラクションやゲーム・映画祭やフリマなど、どの世代でも楽しめるイベント盛りだくさん。
【場所】大阪市 中之島公園
【料金】無料:食事など別途

・トミカ博 IN OSAKA

【開催期間】2016年4月28日(木)~5月8日(日)

ボクもパパも大好きなトミカの祭典。
入場記念トミカももらえて、男の子大満足のイベント。
今年のテーマは「働くクルマ」。工事車両や運搬車たくさん。
【場所】ATCホール (大阪南港)

・大阪城ファミリーフェスティバル2016

【開催期間】2016年4月29日(金・祝)~5月1日(日) ※雨天中止

NHK大河ドラマ『真田丸』にちなんだイベント。
演武やペインティング、和太鼓や鍛刀実演など歴史好きならずとも楽しめる。
【場所】大阪城天守閣前本丸広場
【料金】無料 ※天守閣入場料は別途

(2)デートスポット

1・シンコ・デ・マヨ 2016大阪

【開催期間】2016年4月29日(金・祝)~5月1日(日)

東京でもご紹介したラテンイベントIN 大阪。
詳細は東京に譲るとして、歌って踊れてフードも充実した良イベント。
【場所】長居公園 自由広場
【料金】中学生以上:前売り500円・当日800円

2・海遊館 「シャークワールド~ハンターたちの捕食に迫る!~」

【開催期間】~2016年5月8日(日曜日)まで

昨年夏より25周年記念イベントとして行ってきた「シャークワールド~ハンターたちの捕食に迫る!~」展が、GWでいよいよフィナーレ。
臨場感のある音や展示で海の世界を楽しめる。
常設展も美しく、飽きずに過ごせるお勧めスポット。
【場所】海遊館エントランスビル4F
【料金】大人(高校生以上)2,300円 子ども・シニア料金あり

3・ねこ休み展 大阪

【開催期間】2016年4月29日(金)~2016年5月8日(日)

今年1月に東京で開催され、驚異の1万人入場を果たした大人気展が大阪に。
プロ・アマ問わず、猫好きアーティストが作成した写真や小物の展示、販売。
手作り感あふれる1点もののクラフトやグッズが手に入る、猫愛あふれるイベント。
【場所】なんばパークス・7階パークスホール
【料金】入場:500円 小学生以下無料

九州お出かけ情報

GWイベント

出展:http://www.kumagawa.co.jp/page0102.html

GW楽しい穴場スポット九州

(1)家族で楽しめる穴場

・もーもーらんど 油山牧場
他の商業施設より比較的空いている。
BBQ施設あり。
乗馬、乳しぼりなどの体験ができる。
GWは羊の毛刈り実演もあり。
【場所】福岡市南区柏原710-2
【入場料】無料:駐車場別途 BBQ予約制料金別途

・うみたま体験パーク つくみイルカ島
イルカショー・あざらしやペンギンショーなど。
触れ合いコーナーでイルカに触り、エサ槍体験が、イルカと泳いだり記念撮影もできる(料金別途)
【場所】大分県津久見市大字四浦2218番地10
【料金】高校生以上870円 小中学生540円 4歳以下430円

・河内藤園
今や外国人観光客にも有名な、私設の藤園。
交通の便がとても悪く、辺鄙な場所かつ路線バスすらないが、計150本にもなる丹精された藤棚は見に行く価値がある。
阪急交通社による日帰りバスツアーがあるので、そちらを利用するのがいいかも。
なお、今年から混雑緩和のためチケットは前売り制になった。
【場所】福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
【料金】咲はじめ500円 中間期1000円 見ごろ1500円
※前売りチケットは咲はじめ料金500円。時期によって現地で+加算

(2)景勝地など

1・芥屋大門・志摩サンセットロード
福岡市中心部から車で約1時間ていど、近年、若い人のデートスポット・ドライブコースとしても人気。
近年オシャレなカフェやレストランも充実。
加えて、昔ながらの魚介料理を提供する民宿や旅館もあり、年代を気にせず楽しめる。
芥屋大門には景勝スポットを周る遊覧船がある。
【場所】福岡県糸島市志摩芥屋677(遊覧船)
【料金(遊覧船)】中学生以上700円 子ども(4歳以上)350円

2・高千穂峡
神話の里として人気の景勝地。国の天然記念物指定。
写真愛好家ならぜひ訪れてみたい場所。
美しい遊歩道の散策や、貸しボートなどを楽しみたい。
高千穂観光協会が主催する各種ガイドつきツアーもあるので、そちらを利用しても。(事前予約制)
【場所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井809-1(高千穂観光協会)
TEL:0982-73-1213

3・くま川下り
日本三大急流のひとつ、球磨川で急流下り。
年齢制限なしで乗れる。
コースによって料金が異なるので注意です。
駐車場もありますが、電車で行けばSLが見られるかも。
事前予約していった方がいいようです。
【場所】 熊本県人吉市下新町333-1
TEL 0966-22-5555

まとめ

いかがでしたか?

東京や関西などは電車で行ける場所ですが、九州は車での移動かと思います。なるべく混まないところをセレクトしましたが、ご移動の際は時間を十分考慮して、どうぞ安全運転で。

スポンサーリンク