ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

にきび跡に効果あり?知っておきたい3つの治し方

   

にきび跡
鏡を見てみるとこんなところににきび跡が…と気になることありませんか。

男女問わず悩んでいる方の多いにきび跡はなぜできるのか、また治療、改善方法など紹介していきます。しっかりケアをして素肌美人を目指しましょう。

スポンサーリンク

なぜにきび跡ができるのか?

にきびができると気になって潰したり、触ったりしていませんか。潰したり、触ることによって、肌に傷がついたり、炎症を起こしたりしてにきび跡ができてしまいます。

赤みが出るもの、色素沈着によるシミ、クレーターのように肌が凸凹になってしまうものなど種類はさまざまです。

にきび跡はレーザーで消せるのか?

先ほど紹介したにきび跡の中でもクレーターのような凸凹肌になってしまった方にはレーザー治療がおススメです。レーザー治療は肌の奥深くまでレーザーをあてることにより、にきび跡を改善していきます。レーザー治療は数回通院する必要がある上、費用も数十万円と金銭的にも負担がかかることから、しっかり検討しましょう。

また、治療方法もさまざまで病院によって、症状によっても違いがありますので、しっかり調べ、説明を受けてから行うことが大切です。

スポンサーリンク

にきび跡は化粧水で改善するのか?

薬局にいくとにきび跡ケア用のさまざまな種類の化粧水が販売されていてどれがいいのかなど判別しづらいですよね。種類が豊富な化粧師の中でおススメするのは、「ビタミンC」が配合されている物です。

ビタミンCには皮脂を抑える効果やにきびの炎症を抑える効果があります。化粧水でにきび跡を改善する場合のポイントは継続的に行うことです。

にきび跡は薬で改善するのか?

にきびの治療は薬を使用すると割と早くに治るイメージかと思いますが、にきび跡は炎症が肌の奥に達していますので、塗り薬だけで改善するには時間がかかると考えた方がよいでしょう。

また、市販の薬も多くのものが販売されていますが、使用方法を間違えたり、肌に合っていない場合など逆に症状を悪化させてしまう可能性があります。薬の使用を検討される場合は皮膚科を受診する等して、医師や薬剤師の指示に従って使用するようにしましょう。

いかがでしたか。気になったころにはひどい状態になっているなんてことも少なくないにきび跡ですが、治療、改善方法はさまざまです、気になる方は一度皮膚科に行って医師に相談してみるのもよいですね。また、にきびができないようにビタミンC配合の化粧水を日ごろから使用して、にきびができる前に対策することも大切です。

スポンサーリンク