ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

うす毛に悩んでいる方が知っておくべきAGA治療の効果と副作用

   

faef19d8ea343b97e86b1e7a2afde762_s

最近は若い方でもうす毛に悩んでいる方も多く、AGAいう言葉で表現されることも増えてきましたが、AGAとは『男性型脱毛症』という意味です。

成人男性に増えているAGA治療の効果を紹介します。

スポンサーリンク

AGA治療の効果と副作用は?

AGAの基本的な治療方法はプロペシアという服用薬でうす毛の進行を止めて、ミノキシジルという塗るタイプのものを使って毛の細胞を活性化させ育毛する、また頭皮のケアをする等の方法です。

プロペシアの副作用には性欲減退や肝機能障害等があり、頭皮がかゆくなったり、かぶれ、湿疹、低血圧の人が使用すると血圧が下がりすぎる、などの副作用がミノキシジルにはあります。

副作用が表れる方は数%であると報告されていますが、副作用があることもよく理解した上での使用が大切です。

発毛剤リアップの効果は?

日本で唯一の発毛剤とうたっている、リアップの効果がきになりますよね。リアップはミノキシジルの成分で作られており、医薬品として登録されています。

リアップを使用すると抜け毛の増加を止めて、育毛する効果があります。ミノキシジルの成分で作られていることもあり、メイン効果は発毛です。

しかし、効果を実感できるようになるには半年程度かかるとされていますので、長期的に使用することが必要です。

スポンサーリンク

フィナステリドの効果は?

フィナステリドはプロペシアの成分で作られている服用薬です。こちらの効果のメインは抜け毛の進行を止めることです。

なので、抜け毛は減りますが、発毛する効果はミノキシジルに比べると薄いと言われていますが、うす毛になり始めの方などは育毛の効果も得られます。

つまり、ミノキシジル成分で作られている発毛剤リアップと服用タイプのフィナステリドを併用することで、よりAGAに対する効果が期待できると言えます。

AGA治療に保険はきくのか

発毛剤タイプ、服用薬タイプのどちらを使用した場合も健康保険の適用はありません。つまり全額自己負担となります。

AGA治療は即効性は低く、継続的に治療することにより効果が得られますが、結果的に高額の費用がかかることも考えられますので、よく検討してから使用を開始しましょう。

また、ジェネリックもありますので、費用についても医師や薬剤師に相談してみるのもよいですね。

AGA治療まとめ

20代から30代の若い方でもAGAに悩まされている方が増えているようです。

AGAは継続的な治療が必要ですが、それ以上に早めの治療がカギを握っていますので、気になる方は専門医に早速相談してみましょう。

スポンサーリンク