ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

老け顔で年上に見られたくない!知っておくべき老け顔改善法

   

老け顔対策

大人になると、初対面の相手に
「いくつに見える?」
と聞かれたら、自分が本当に思った年齢より少し若く言うという気遣いができますよね。

しかし、子供やデリカシーのない人はシビアで残酷です。まだ20代なのにも関わらず、
「35歳くらいでしょ?」
とか平気で言ってきます。

『そんな悲しい思いはもう二度としたくない!』
と思っているそこのあなた!実は老け顔が原因で、このような嫌な思いをしている可能性があります。今回は、老け顔の原因と対処法をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

どういう顔が老け顔に見えるか?

老け顔に見える要素には様々なものがあります。

・法令線やおでこのシワが見え隠れしてきた
・顔がたるんできている
・髪型
・メイク
・顔に生気が感じられない

というものが大まかに挙げられます。

老け顔を改善するにはどうすれば良いのか?

顔のたるみや法令線は表情筋トレーニングで解決!
現代社会を生きる人たちは、パソコンやスマホを触っている時間が多いと思います。そんな時、皆さんはどんな表情をしていますか?だいたいの人は無表情になっていて、たまに面白い記事等を見つけてニヤッと笑う程度だと思います。

無表情の時間が長ければ長いほど、それが顔に定着してしまいます。その結果として表情筋が凝り固まってしまい、法令線やたるみの原因になります。(他の筋肉と同様に、年齢と共に衰えます)表情筋の鍛え方としては、

・口を尖らせた状態で頬をめいっぱい膨らまして5秒キープすする
・口を閉じた状態で舌を回す

という運動を少しずつでも良いので始めてみましょう。

スポンサーリンク

意識して笑顔を作る
いつもニコニコしている人と仏頂面の人、どちらが若々しく見えますか?
笑顔の人の方が、楽しそうでキラキラして見えますよ。きっと笑ったあなたの方が素敵だと、みんな思ってくれるはずです。

シワは保湿で防ごう
20代後半から見え隠れしてくるおでこのシワや法令線。一度出来始めたシワを完全に無くすことは出来ませんが、シワがひどくならないために必要なのは保湿です。

保湿パックや化粧水で日々のケアをしっかりしましょう。また、紫外線を浴びることも、皮膚の水分を蒸発させてしまう原因になります。紫外線を極力浴びないようにする事も大切です。

老けて見える髪型を直そう
ペタッとしてボリュームのない髪だったり、手入れを怠っているボサボサの髪。もしくは、一度染めたのは良いものの、美容院に行かずにプリン化している髪の毛の色。

そのような髪の状態が老け顔を助長している場合があります。自分に合った髪型を美容師さんと相談してイメチェンしてみましょう。

濃いメイクは老け顔の元
くっきり過ぎる口紅の色。ドーランのように塗り重ねたファンデーション。濃すぎるアイラインやアイシャドウ。良かれと思ってやっている事でも、老け顔の元です。

また、あまりお化粧が濃いと、肌も呼吸ができなくなってしまいます。自己流メイクで満足せず、化粧品コーナーの美容部員さんや美容師さんに相談してみるのも良いかもしれません。

若いうちからしっかり気をつけてケアをしていれば、歳を重ねても若々しくいられるかもしれませんので、気を付けてケアしてください。

スポンサーリンク