ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

エアコンを処分したい!安く処分する手順と方法まとめ

   

エアコン

家電の中でも処分が厄介、といえばエアコンですね。家電リサイクル法により、そのまま粗大ごみでは廃棄できませんし、取り外しにも技術がいります。

そこで無料のものから、手間いらずの処分方法までいくつかご紹介します。エアコン処分に困ったら、ぜひ参考にしてください。

 

正しい処分方法を知る

スポンサーリンク

エアコン処分の種類と知識

 

(1)処分方法一覧

 

・自前で指定引き取り所に持ち込む

ご自分で取り外しができるようなら、リサイクル料金のみで処分ができます。市区町村で指定のリサイクル家電引き取り所に、自前で持ち込む方法です。

 

・エアコンを買った元のお店で処分

処分するエアコンを買った店が分るようなら、そこに引き取ってもらう方法です。リサイクル料金と場合によっては取り外し料、運搬料金がかかります。

 

・買い替えの場合は新品を買ったお店で処分

最もポピュラーな方法です。新品と交換するのであれば、買ったお店で古いエアコンを処分してもらえます。キャンペーンなどで引き取り無料の場合もありますので、確認をしてください。

 

・リサイクル業者に売る

廃棄業者などに依頼する場合は、リサイクル料金が発生します。一部、リユース品として買い取ってくれる場合もあります。

 

・専門の引き取り業者に依頼する

エアコン無料引き取りと謳っている業者です。資源として、他国などにまとめて売る場合が多く、運搬料金なども無料のところもあります。

 

・オークションなどで売る

年式が新しく、梱包などの手間をいとわないのであれば、以外に高く売れることがあります。

 

(2)家電リサイクル法とは

 

家電リサイクル法は、ご家庭や事務所などから放出される古い家電製品を、資源として活用するため定められました。

大型ごみを減らす役割もあり、家電を製造した業者に、リサイクル資源として有効活用するよう求めています。対象となるのは、エアコン・冷蔵庫・洗濯機(衣類乾燥機含む)・テレビ(ブラウン管含む)になります。

これらの対象家電を、粗大ごみとして廃棄すると罰せられます。

 

エアコンを自前で処分するには

エアコン処分

安く処分できる方法

 

(1)自分で処分すれば安い

 

・エアコンを処分する場合、リサイクル料金を負担する必要があります。

リサイクル料金は、家電メーカーや機種によって料金が変わります。ご家庭用のエアコンでしたら、だいたい一台1000円~2000円くらいになります。

 

・エアコン取り外しから運搬までを業者に頼みますと、リサイクル料金に+して取り外しと運搬料がかかります。

 

・個人で取り外しと運搬ができるようなら、郵便局でリサイクル料金を振り込み、指定業者に持ち込む方法もあります。

これですと、取り外し料金と運搬料を浮かすことができますね。

 

(2)自前の処分手順

 

1・市町村が指定する、リサイクル製品指定引き取り所を調べる

市区町村の環境対策課などに問い合わせれば、教えてもらえます。指定引き取り所で処分できない製品もありますので、必ず事前に確認してください。

その際は、製造メーカーと機種、製造年月日を調べておくことをお勧めします。持ち込み日の予約も忘れずに。

 

2・指定引き取り所に運搬する前に、リサイクル料金を支払っておく必要があります。

郵便局に申し出れば、家電リサイクル券払い込み票をもらえますので、もれなく記入した後、窓口かATMで支払います。

 

3・リサイクル券の裏面に、処分するエアコンに張り付けるバーコードがついていますので、指定位置に張り付けてください。あとは、指定日に引き取り所へ持ち込めばOKです。

 

廃棄業者や古物商などに売る

 

スポンサーリンク

 

古いエアコンでも売れる?

 

(1)廃棄業者にお願いする

 

・引っ越しなどで他にも処分する家電や家具があれば、まとめて廃棄業者にお願いした方がいい場合も。

大量廃棄ですと、割引がある場合があります。一度確認をしてみる価値はありますね。その場合は取り外し料金などが発生しますので、見積もりの際に確認してください。いずれにしても、リサイクル料金が加算されている場合が多いです。

 

・古いエアコンを有料で買い取ってもらえる

目安で5年以内のものですと、いくらかで買い取ってくれる業者もあります。修理したうえで、リユース品として商品にしています。

 

・無償で引き取りもある

一部古物商では、壊れたエアコンでも無料で引き取ってもらえるところもあります。リサイクルで製造側に戻すのではなく、第三国などにまとめて売るようなシステムです。

違法ではありませんので、利用してみてもいいと思います。事前の知識で、賢く無駄なくエアコンを処分しましょう。

スポンサーリンク