ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

新盆を迎える時の心構えは?香典の金額や表書きの書き方

   

新盆

最近身内で不幸があったご家庭で、最初に迎える夏が新盆となります。

始めて、新盆に関して取り仕切らなければいけない立場の方、または、新盆に招かれた時、どんな準備をすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

お盆と新盆の違い

お盆とは、サンスクリット語の盂蘭盆会から取られた仏教用語で、亡くなった人を祀るための儀式とされます。この儀式は、旧暦の7月15日に行われていたことが起源とされていますが、日本の文化や風習の違いで、新暦の7月にお盆をする地方もあります。

企業での、”お盆休み”が定着したことで、全国的に広く行われているものは、8月15日ごろに当たります。亡くなった人と一緒に過ごす期間として、家族や親せきが集う期間となります。

 

お盆の行事

お盆提灯

13日 【迎え火】

夕方から、松やオガラを焚いて、亡くなった人の霊を家に迎え入れ、玄関に提灯をつけて、霊が戻ってきやすい状況を作ります。

14日・15日 【お墓参り、法要、会食】

きゅうりと茄子の胡麻和えをお供えし、灯りは絶やさないようにします。新盆には、僧侶にお経をあげてもらいます。

16日 【送り火】

送り火の際は、きゅうりの馬と、茄子の牛を割り箸で作って、玄関に飾りつけをいます。馬に乗って、早くやってきて、牛に乗って、ゆっくり帰っていただく意味合いからこの飾りつけになりました。

また、山形県のある地方では、おもちゃの車を、庭先に飾ったりする風習もあります。

河川での花火大会でよくある光景ですが、開始前に灯籠流しが行われることがあります。これは、単なる花火前の余興と言うものではなく、送り火と同じ意味合いを持つものとされています。

また、故人がお亡くなりになってから49日経過して後に、初めてお盆を迎えることを新盆と言います。6月下旬以降にお亡くなりになり、49日を待たずにお盆を迎えた場合新盆は翌年となります。

スポンサーリンク

 

新盆のお香典の金額はどれくらい

お香典という言葉は、お通夜と告別式だけの使用であって、お新盆の時は、「御仏前」や「御佛前」となります。

相場は、亡くなった方との間柄に関与して異なりますが、5千円~1万円が相場とされています。会食や、お返しなどを考慮して、金額を決定してください。

お金に関して、日本では、ピン札より少し使い込んだお札で、「死(4)、苦(9)」という数字を使わない金額が、好まれます。

 

新盆の表書きの書き方は?

のし袋には、上部に「御仏前」や「御佛前」を、下部にお名前を、フルネームで書きます。葬儀では、薄い色相で書く場合がありますが、お盆に関しては、通常の色合いで問題ありません。

地方によって、様々な風習があるので、先方様に失礼が無いように、気をつけたいところでもあります。ちなみにのし袋の水引ですが、関東では、黒白、関西では、黄白という色合いのものを使います。

 

新盆のお香典お返しはどうしたら?

引き出物など、新盆の法要に参加いただいた方にお返しします。引き出物でお渡しするものは、石鹸、タオルなどの日用品が多いようです。重たい引き出物、持ち運びが大変なものは、避けて商品を選ぶ必要があります。

最近では、カタログから選べるような引き出物もあるので、一律の商品に比べて、受け取った方のニーズに近いものが、お渡しできて好評です。

 

新盆まとめ

お盆は、亡くなった人の霊を祀るため行われます。霊を迎え入れる行事を通じて、亡くなられた方の想いを一層感じられることになります。

また、集まってきた家族、親せきが、また来年も、一緒に霊を迎え入れられるように、邁進するような期間として、過ごしてください。

スポンサーリンク