ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

運動会のテントは必要?使いやすいテントまとめ

   

 

運動会

春先や秋口、運動会シーズンですね。近頃、学校などの運動会は、野外フェスか海辺かと言うくらい、個人用のテントがところ狭しと並んでいます。

一昔前は学校や地域のテントに入るか、そこに入れない人は隅の方でシートを敷くぐらいのものでした。なぜ、テントが多くなったのでしょう?実際、テントは必要なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

運動会に個人用のテントは要るの?

 

運動会テント

 

なぜ、テントが増えたのでしょうか?

 

(1)気象状況にも関係があるかも?

運動会は春先の5,6月か秋口の9,10月に行われることが多いと思います。最近の日本はその時季、暑さで熱射病になる子ども出てきました。せめて、お昼休みの時間だけでも、日陰で休ませてあげようという親心でテントを張られる保護者が多いのでは?

 

(2)少子化の影響?

孫の人数が減って、おじいちゃん、おばあちゃんが張り切って運動会に参加して、孫の応援をする姿も増えているのではないのでしょうか?おじいちゃん、おばあちゃんの休み所としても、テントはなくてはならないようです。

 

(3)ご近所付き合いが少なくなったことが影響している?

地域の方との交流が昔よりも無くなって、地域や学校のテントに入るよりも周りに気兼ねなく、単独行動で子どもの応援をする保護者の方も増えたのかもしれません。

 

これから買うとしたら大きさはどれくらい必要?

 

スポンサーリンク

 

  • 学校での規制がないか調べましょう。

学校によっては大きさの規制をしているところもあります。規制のある学校は、事前にお子さんにプリントを渡しています。不明なときは、まずは学校に確認を。

 

  • 家族構成で考える

3人家族なのに横5m、縦5mもの大きなテントを張っていたら、どれだけの運動場が必要になるかわかりませんね。

おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟もいるのに横2m、縦2mのテントだと、お弁当を食べる時には、はみ出しちゃいます。収容人数で考えてみましょう。

 

  • 人数の目安からテントのサイズを調べてみました。

・1~2人→210×130(cm)

・2~3人→210×180(cm)

・4~5人→270×270(cm)

・4~6人→300×300(cm)

・8~10人→420×300(cm)

これ以上のサイズもありますが、運動会で使うのにはこれくらいが限度ではないでしょうか?

 

使いやすいテントとは?

 

運動会テント

 

使いやすいテントはどんなタイプ?

 

(1)サンシェードテント

日除けが主な目的なので、組み立てやすさを第一に考えられています。4方がオープンなものから、入り口までチャックが付いているフルクローズのものまであります。中が暑くなるので、オープンタイプやメッシュタイプがおすすめです。

 

(2)タープテント

屋根だけで周りの幕がないタイプです。後付で幕を付ける事もできます。開放感があるので、大人数向けです。

どちらにしてもワンタッチタイプが簡単です。特にこだわりがない場合はワンタッチタイプを選ばれてはいかがでしょう?

毎年恒例の運動会。子どもの成長を目の当たりにできる大切な行事です。お子さんも、家族に見てもらうことを目標に、大変な練習も頑張ってきた晴れの舞台です。

お弁当の時間も楽しみの一つ。大人になった今でも、運動会のお弁当はよく覚えています。一生の思い出となる運動会。親も子も楽しい思い出をたくさん作ってください。

思い出づくりの一端を担うかもしれないテント。周りの方との兼ね合いも考えつつ、マナーを守って、運動会を楽しみましょう。

 

スポンサーリンク