ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

赤ちゃんでも紫外線予防は必要?気を付けるべき事とその対策法

   

赤ちゃん日焼け止め

初めて自分の子供が生まれた時、お母さんも初めての事ばかりで色々と不安なことが
沢山出てきますよね。色々と経験しながら子供と一緒に母親も成長していくんですよね。

春になり、外出も増えてくるこの季節。きっとこんな疑問が浮かんでくるのではないでしょうか。
「赤ちゃんでも日焼け対策をする必要があるのではないか」
そう、紫外線が強くなるこの時期。きっと多くのお母さん方が心配されると思います。

そこで今回は赤ちゃんも紫外線対策をした方がいいのか、またその対処法について
取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんでも紫外線予防は必須?

実は季節関係なく降り注ぐ紫外線。大人でも日焼け止めを塗り忘れると、すぐに赤くなったり痒くなったりして日焼けしてしまいます。同様に赤ちゃんにも同じことが言えます

大人よりも皮膚が薄い赤ちゃんの肌は、紫外線ダメージを受けやすくとても身体が弱いんです。そのため赤ちゃんでも紫外線対策をきちんとすることが大切と言えます。

いつから始めたらいいのか

生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱く免疫力もないため、なるべく外出を控えたほうが
いいでしょう。可能な限り家で過ごすようにして、なるべく陽に当たらないようにしてあげて下さい。

ですが、3ヶ月ぐらい経ったら外出を頻繁にしても大丈夫ですし日焼け止めを塗る事もできます
外出の際は、帽子を被らせたりなどの工夫もして赤ちゃんの身体を紫外線から守りましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めの選び方

赤ちゃんは、何でも口に入れてしまうことがあるので舐めても大丈夫な成分なのかを調べる必要があります。安全面を考えて皮膚科の医師に相談することが一番安心と言えるでしょう。

その子に合った日焼け止めを出して下さる病院もあります。赤ちゃんの肌はとても弱いので、その日に使った日焼け止めが肌に残ったままにならないように石鹸で落とせるものを選ぶようにしましょう

まとめ

紫外線対策は大人だけではなく、赤ちゃんもする必要があることが分かりました。日焼け止めは刺激の強い成分は避けること・舐めても大丈夫な成分なのか調べること・心配なことは専門の医師に相談して知識を増やしていくこと・石鹸で落とせるタイプのものを選ぶことなど色々な方法があることも分かりました。

またマメ知識として皮膚科に行く機会がない方は、ドラッグストアで薬剤師に相談することも出来ます。赤ちゃんのブースに行けば、赤ちゃん専用の日焼け止めも色々と揃っているので気になることを相談しつつ選ぶことも可能です。初めてのことばかりは色々と心配になりますが、情報を得ながら赤ちゃんと一緒に成長していきましょう。

スポンサーリンク