ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

前髪を自分で切る!誰でも簡単にできる失敗しない前髪の切り方

   

出典:www.cosme.net

出典:www.cosme.net

前髪があるあなた。すぐ前髪が伸びて目にかかって邪魔で…でも「それだけでサロンへ行くのはなぁ~」なんて困ったことはありませんか?
筆者も前髪があった頃はしょっちゅう悩んでいました。なのでサロンへ行くといつも眉上パッツン、個性的でした…。

そんな今回の記事は、思い切って自分で前髪を切るという提案です!
失敗は恐れず、しっかりとやり方を把握してから自信を持ってカットしましょう!

スポンサーリンク

紙用じゃなく髪用で

よく普通のハサミで大胆に前髪をカットする女の子を見ますが、やはり髪の毛の事を考えても専用のはさみを用意しておきましょう。

今後のセルフカットにも使えるので、無駄にはならないはず。
用意するはさみは2つ。カット用はさみとすきバサミ。
他にいるものは、

下に敷く新聞紙
大きめの鏡
ダッカール
コーム
ドライヤー

以上です!
ではさっそく切っちゃいましょう♪

カットする時の状態

重要なのは、髪の毛が完全にブローされ乾いていること。

寝癖があったりクセがあったりする場合は水で濡らしてドライヤーでしっかりとブローしましょう。そしてコームを使ってしっかりと前髪をまっすぐに下ろしてくださいね。

自然な前髪に

頭のてっぺんと目じり辺りの髪の毛を取り、三角形を作るように結び、残ったサイドの髪の毛はダッカールでしっかりと止めておきます。

このようなイメージで。

前髪を切る
結んでいたゴムをほどき、切っていきます。

・まずは①の部分を真ん中で分け、コームで毛束をとって、少し顔から離して切っていきます。目安は眉と目の間くらい。心配なら最初は少し長めに切ってみて。この時のポイントは眉尻側を少し長めに残して切ることです。

・反対側も同じように切っていきます。左右に分けて切ることでパッツンでも少し丸みを持った前髪になります。

・次に②の部分を①と同じように半分に分け、同じ長さに切ります。
眉尻側は長めに。反対側も同様に。

・最後は③の部分も同じようにカットします。

これで重めのパッツン前髪の完成です。ドライヤーでブローしながら切った髪の毛を完全に取り除きましょう。

スポンサーリンク

自然な前髪にしたい場合

重めのパッツンの状態からスタートします。

・前髪を真ん中で左右に分けます。

・はさみを縦にして浅めの部分をランダムにカットしていきます。

こうすることで毛先が軽くなり、自然な感じの前髪になります。縦にしてすいていく長さはお好みですが、最初は少しずつ切っていってくださいね。

流し前髪にしたい場合

すきバサミをスタンバイしておきます。
右側に流したいとして、説明をしていきます。

前髪セルフカット

・このような三角形をとります。

・①をとって、流したい方向とは逆の方向へコームでとかして、目の下あたりで真っ直ぐに切ります。初めての方は少し長めに切ってみてください。

・②の部分も同じように毛流れを斜めになるようコームでとかし、同じ長さに切ります。

・③の部分も同様に。切る目安の場所を変えないようにしましょう。

・カットした前髪を上下で分けます。

前髪カット

・下の段の髪の毛を細かく取り分けて、ねじねじとねじってから真ん中あたりにすきバサミをいれます。

・下の段全体を同じように繰り返していきます。

・上の段は量にもよりますが、二等分くらいにしてねじってから真ん中あたりにすきバサミをいれてください。

すきバサミは流し前髪にしたいときに使うと効果的です!慣れてきたら自然なおろし前髪の縦にはさみを入れる段階で使用してもいいでしょう。

以上が前髪のセルフカット法のひとつです。
慣れるまでは慎重になってしまいますが、慣れてしまえば美しい前髪を常にキープ出来ますので、ぜひ参考にしてチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク