ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

ボーナス支給日はいつ?休職中や退職予定でも支給される?

   

 

ボーナス支給日

民間会社と公務員のボーナス支給日や支給額の違いについてあなたも気になりますよね?

ほかにもボーナスについて、休職中の人、退職予定の人にも必見の情報がありますのでお伝えします。

スポンサーリンク

 

ボーナス支給日の違い

 

 

◇公務員と一般企業の支給日

 

(1)支給日

・国家公務員のボーナスは期末手当と勤勉手当を合算したものになります。

夏のボーナスの支給日は例外なく6月30日、冬の支給日は12月10日となっており、これは法律で定められています。

地方公務員は国家公務員の支給日にならって6月30日と12月10日若しくは近い支給日が多いようですが、条例によって決めることができるので一概にはいえません。

 

・一般企業における夏のボーナスは7月10日に支給されることが多く、冬の支給日はまちまちですが、12月5、10日または12月25日が一般的の様ですね。

つまり、冬のボーナス支給日は公務員や大企業では12月10日、中小企業は12月下旬というのが一般的のようです。

私の経験や身近な人の話を聞いても中小企業の冬のボーナスは12月25日のところが多いという実感があります。

 

休職中でも貰えるのか

 

ボーナス休職中

貰える可能性はあります。

 

(1)賞与の査定期間を会社に確認しましょう。

・全てではありませんが休職者に対して寸志程度の賞与が支給する会社もあるようで、お見舞金のような感覚なのでしょうね。

 

・休職中で査定期間内に働いていなければボーナスはありませんが、咲いて期間中に1日でも出勤して働いていれば、企業によってはボーナスを支払う場合があるようなので、確認してみましょう。

 

(2)休職中ボーナスまとめ

 

1・お見舞金程度なら出る可能性があります。

2・有給休暇を利用しての休暇なら出る可能性があります。

3・賞与の査定期間内に勤務していれば貰える可能性があります。

 

 

退職予定でも貰えるのか

 

 

スポンサーリンク

 

貰える可能性は高いです。

 

(1)ボーナスは賃金?

・ボーナスは働いたことに対する賃金という一面がありますが、それだけではありません。

ボーナスは企業の利益を従業員に配分、貢献度への評価、将来への期待、(あなたがこれからもその会社で頑張ってくれるだろうという点)3つの要素もあります。つまり単純に賃金ではない場合があるのです。

例えば、賃金規定や労働協約等で、あなたに「毎年6月と12月にボーナスを払いますよ。」という労働協約を結んでいた場合は賃金として支払わなければなりませんが、原則としてあなたは支払日までは会社に在籍する必要があります。

判例でも支給日前に自己都合退職の場合、会社が支払わなくても適法という判決が出ています。

 

・退職予定者に対する支給差し控え若しくは減額する会社もありますが、退職理由、勤続年数、貢献度等に応じて決めることのようなので一概には不法といえません。

 

・しかし全く支給額0円というのは法律上違法と見なされる可能性が高いです。

 

(2)退職予定でも貰えるのかまとめ

 

1・労働協約の内容によっては減額される可能性はありますが一定額は支給されます。

2・支給日までは在籍しましょう。

3・あなたへの将来の期待がボーナスに含まれている場合はその分減額されても仕方がありません。

 

せっかく貰えるはずだったボーナスが退職時期を早めたために貰えなくなるなんて嫌ですよね。

もっとも、ボーナスを貰った翌日に退職日を設定なんて言い出しづらいものではあり、支給月前に退職する人もいるようです。

退職後もその会社との関係を大切にしたいなら配慮は必要だと思います。ともあれしっかり確認して損しないようにしたいものですよね。

スポンサーリンク