ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

小学校高学年の読書感想文書き方まとめ!今更聞けない上手な書き方

   

読書感想文

夏休みの宿題のなかでも、読書感想文は強敵ですよね。小学校高学年になると、求められる視点やスキルも高度になってきます。どう書けば評価されるのか、頭を抱えていらっしゃる親子さんも多いことでしょう。

心配はいりません!今回は、本の選び方や周りの大人との関わり方、そして一番重要な書き方なについてお伝えします。夏休みが始まるこの時期に方法をしっかりと身につけて、お友達に差をつけてしまいましょう!

 

スポンサーリンク

 

2016年の課題図書とその選びかたを紹介!

 

課題図書一覧

 

(1)茶畑のジャヤ(中川なをみ・門内ユキエ)

出典:http://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id=1050023406

出典:http://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id=1050023406

 

選定理由:少年がスリランカの人々と出会い、交流を通して成長する物語です。スリランカの歴史や生活を学ぶことは国際理解につながり、視野の拡張が期待できます。

 

(2)ここで土になる(大西暢夫)

b0125397_14245264

出典:http://urchildren3.hatenablog.com/entry/2016/06/14/201816

 

ダム建設で立ち退きを求められた集落でひっそりと生きる老夫婦の物語です。社会がどんどん変化していく一方、変わらない老夫婦の姿に深く考えさせられます。

 

(3)ワンダー(R・J・パラシオ)

出典:http://www.holp-pub.co.jp/books/53495/

出典:http://www.holp-pub.co.jp/books/53495/

 

障害のある主人公が差別と闘いながらも、友人や家族の協力で豊かな生活とより多くの友人を得るという物語です。優秀な物語性と文学性により、相互理解の大切さと差別への疑問を訴えかけられます。

 

 

(4)大村智ものがたり(馬場錬成)

9784620323572.IN01

出典:http://mainichibooks.com/books/nonfiction/post-133.html

 

ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村氏の少年時代から現在までを描きます。やる気、努力、アイディア、そして誠意。これらが揃ったとき、おのずと道は開けるという強いメッセージが込められています。

 

感想文を書きやすい本の選び方

・短くてすぐ読める

・テーマ、主張がはっきりしている

・興味を持ち、共感できる部分が多い

 

はっきりとテーマが述べられていると、感想文に要求されるポイントが分かりやすいですし、興味や共感はモチベーションの持続にも繋がります。

 

スポンサーリンク

 

大人はどこまで関わればいいの?

 

ちょうどよい手助けが理想

結論から言いましょう。親がすべきなのは書き方の手助けや校正であって、執筆自体は子供が主体的に取り組むべきです。

後述しますが、読書感想文には書きやすく評価もされやすい形式があります。高学年の子供であっても自己流に書く子は多いので、それを軌道修正してあげる必要があるのです。

確かに、親が関われば関わるほど文章自体は上手に見えるでしょう。しかし、小学校高学年にふさわしくない文章だと判断される可能性がありますし、何より全く子供のためになりません。

 

上手な書き方って一体何?

一番気になるのはやっぱり書き方ですよね。心配する必要はありません。メソッドに沿って書くことで、逆に評価や書きやすさは上がります。

 

(1)部門決め、本決め

賞を狙うなら、おススメは課題図書です。新しい本ばかりなので、先行する感想文と比較されにくいためです。一方、書きやすさを求めるなら、自由図書としてメッセージ性のある短編を選びましょう。

 

(2)本を読み、核となるエピソードを選ぶ

子供はたくさんの情報を詰め込んだり、本の解説に終始したりしがちです。原稿用紙約3枚で表現できるよう、絞り込んでいきましょう。

 

(3)そのエピソードと自分の体験を絡めて書く。

実は読書感想文で要求されているのは一方的な批評や感想ではありません。小学生ならではの視点で、自分と作品の交流を表現することが必要です。

ポイントは本を通して自分の生活がどう変化したか、どのような視点を得たか書くことです。受け身の感想ではなく、主体的な自己表現を大切にしましょう。

いかがでしたでしょうか。

・テーマのはっきりした短い本を選ぶ

・意図に応じて部門を選ぶ

・親の手伝いは形式のチェックや校正にとどめる

・核となるエピソードを選ぶ

・自己の体験と結びつける

 

これらの点を守るだけで、ぐっと書きやすくなるはずです。もう迷う必要はありません。

書き方を知ったあなたは、周りより一歩進んでいますよ。

 

スポンサーリンク