ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

災害時にスマホを充電!非常時に備え揃えておきたいアイテムまとめ

   

携帯充電

突然の災害。あなたはどうしますか?食料や飲用水、生活用水の確保。災害用品の準備。必要なものはいろいろあります。東日本大震災時、通話はなかなかできませんでしたが、SNSで身近な人の安否確認や情報の共有などができ、スマホの存在感が増しました。

でも、スマホの大きな欠点はというと、ガラケーと違って電源がすぐ切れること。大事なときに画面が真っ暗になってしまった経験がある人も多いのでは?

災害時は特にそのリスクが高くなります。そこで、災害時でも充電できる方法を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

停電時のスマホ充電の方法は?

 

 

(1)モバイルバッテリー

持ち運びができ、電源のないところで普段から使えますので、一番、手軽な方法です。ただし、充電が必要であることが最大の難点です。

 

(2)乾電池式充電器

この方法も普段使いができ、しかも販売価格も比較的安いです。電源は必要ありませんが、乾電池切れの時はもちろん、使えません。

 

(3)手回し充電器

いつ、どんなところででも使える究極の方法です。が、時間と使った体力の割には、発電量はとても少ないです。

 

(4)ソーラー充電器

比較的、高価なものですと、最近のソーラー充電器は十分な力を発揮します。ですが、天候や季節に左右されることは言うまでもありません。

 

スポンサーリンク

 

それぞれ特徴のある充電器。具体的にどんなものがある?

 

充電器の種類は分かったけど、実際、購入するとなると、何を基準に買ったらいいのかがよく分かりませんよね。ネットの販売サイトでは売れ筋ごとの商品を集めて表示されています。

ご参考までに。

 

(1)モバイルバッテリー

 

容量は1000mAh程度~20000mAh以上と大きく差があります。10000mAhくらいのバッテリーですと、約4~5回ぐらい充電できます。

昔は大容量のものは大きく、重かったのですが、最近は薄型、軽量のものも出てきました。また、バッテリーの残量が表示されるものだと便利ですね。

ただし、容量のみでなく出力と入力の数値もチェックしてください。 この数値が低いとスマホへの充電はもちろん、バッテリーへの充電にも時間がかかります。最近は急速充電対応モデルもあります。

 

(2)乾電池式充電器

 

 

エネループ対応もあります。このタイプですと、エコ的にもコスト的にも満足できますね。スマホへ充電すると乾電池はかなり減ります。残量は外から見ても分かりませんね。

その時に便利なのが電池チェッカーです。家庭にあるいろんなサイズの乾電池の残量も測れるので便利です。


 

(3)手回し充電器

LED懐中電灯やラジオ付きのものもあります。災害時には便利です。気になる発電量ですが、ハンドルを回して毎秒2回転の速さで1分間。120回転。それで1分間電話が可能なタイプなどがあります。

注意する点は回転が遅いと充電しなくなること。電流が安定してないとスマホが壊れるもとになるのです。

 

(4)ソーラー充電器

折りたたみのものやLEDライト付きのものもあり、小さなソーラー発電ですね。高出力タイプもあります。

太陽光という、究極のエコですが、天候によって左右されます。ですが、長引く避難生活などの時は助かるアイテムです。

日常でも、使い方によっては便利かもしれませんね。

 

どれも一長一短あり、迷いますね。できれば、2種類以上、組み合わせると安心かもしれません。

体力に自信がある方は、手回し式+モバイルバッテリー。アウトドア派はソーラー式+乾電池式。などはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク