ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

デカ目になる方法とは!デカ目になる2つの方法をこっそり伝授

   

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_s

『一重で目が細くて腫れぼったいのが嫌』

『目が小さいのがコンプレックス』

『かわいいパッチリした目になりたい』

このように悩んでいる人は沢山いるかと思います。
今回はそんな悩める貴女にデカ目になる為の方法を伝授していきたいと思います!

スポンサーリンク

デカ目になる方法(メイク編)

・目頭にも少しアイライナーをのせる
目尻にアイラインを引く人は多いと思いますが、目頭にもほんの少しラインを入れると目が大きく見えます。これを、目頭切開メイクと言います。ブラックのアイライナーだとはっきりしすぎて嫌だという人は、ブラウンのものを使いましょう。

・アイプチやメザイクを使う
まぶたが厚ぼったいと、たったそれだけで他人からは、とても目が小さく見えていますのです。そこで、メザイクやアイプチをつかってパッチリ二重を作りましょう。

・ハイライトを使って涙袋メイクをする
あなたの目の下に、ちょっと膨らんだ部分がありませんか?これが涙袋です。涙袋があることにより、目の下の方まで存在感が出るため、目が大きく見えるのです。無い人は、パールピンクやライトベージュ等、自分の肌に合ったハイライトを使って涙袋があるかのごとく演出してみましょう。

・付けまつげやまつ毛エクステをする
まつ毛にボリュームがあることにより、目に存在感が生まれます。もしマツエクをするのであれば、ボリュームや毛のカールの種類、太さ等様々なので、サロンでしっかり相談して決めてくださいね。また、サロンによってはすぐ取れてしまう場合もあるので、ホットペッパービューティー等で口コミを見てから予約して下さい。

・カラコンでデカ目になる
カラコンを使用するだけで黒目が大きく見えるようになる、目自体がとても大きくなったように見えます。ただ、安いタイプのものを使ってしまうと、目の病気や失明の恐れがあります。ですので、コンタクト専門店に行き、ワンデーアキビューディファイン等のしっかりとしたメーカーのものを購入することをお勧めします。

スポンサーリンク

デカ目になる方法2(マッサージ編)

バッチリメイクをしている時はデカ目でも、すっぴんだと残念…というのは嫌ですよね。そこで、デカ目になるために効くマッサージを紹介していきます。

① 顔のむくみを取るマッサージ
顔がむくんでいては目も小さく見えてしまいます。ですので、まずは顔のむくみを解消してみましょう。

【1】 鎖骨のくぼみに指4本をあて、外側から中心にかけて優しくこすります。
【2】 指3本を口角にあて、そこから鼻の脇、目の下、耳の下、鎖骨と大きく円を描くようにマッサージします。
【3】 頬骨の下から口角にかけて、円を描くようにマッサージします。

② おでこのマッサージ
デカ目の効果を得るためには、実はおでこのマッサージは欠かせません。マッサージでコリをほぐして血行を良くすることによって、目の上の脂肪のたるみを解消します。

【方法】おでこに手を当てて、縦方向にジグザグ動かすだけでも効果があります。おでこ全体がポカポカするまでやってみましょう。

マッサージをする際は、摩擦を防いで滑りを良くするため、クリームなどを使って行ってくださいね。

スポンサーリンク