ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

ひなまつりに喜ばれる献立!おススメのおかずからスイーツを紹介

   

0df712b55a57cbd6bcbb6f77e6cec75b_s
3月3日のひなまつり。ひな人形を飾って、美味しい料理を作って子供を喜ばせてあげたいですよね。ひなまつりパーティーを開くこともあるでしょう。

そんなとき気になるのが、料理のメニュー。どんなものを作ったら喜ばれるのか、人気なもの、栄養満点のものを紹介します。

スポンサーリンク

ひなまつりとは

そもそもひなまつりとはどういう行事なのでしょうか。
簡単にいうと、ひな人形をかざり、ひし餅などをそなえる行事です。
ひな人形はよく「3月3日以降も出していてかたづけるのが遅いとお嫁に行くのが遅れる」と言われていますが、いつまでもひな人形を飾っておくとカビが発生して衛生上良くないことから「良いお嫁さんになるのに片付けができないようではダメ、きれいに片付けられる素晴らしい女性になれない」という理由からきています。

彩り豊かなちらし寿司

186fe10d30945c7d96931d238275308a_s

ひなまつりといえばちらし寿司。王道の卵やえび、絹さやなどをはじめ、「見通しがきく」という意味が含まれているれんこんや、「健康でまめに働ける」という意味の豆を入れるとより色鮮やかになるでしょう。

ちらし寿司もいいですが、最近ではかわいい手まり寿司やキャラを描いた巻き寿司、ケーキの形をしたデコケーキなどさまざまなアレンジレシピがあります。

子供たちと一緒につくるちらし寿司は、子供たちと一緒に料理を楽しむ良い機会です。子供にうちわで酢飯をあおいでもらって、えびをのせて卵をのせて色んな具材を盛り付けてもらって、ちょっと味見と食べられてしまったり。子供の食育にも良く、料理に興味をもついい機会になるかもしれません。

子供向けにはチーズやウインナーをプラスしたり、大人向けにはマグロやハマチなどの海鮮具材をプラスして、アレンジを楽しみましょう。
クックパッドや楽天レシピなどの料理サイトに沢山のレシピがのっていますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ひなまつりにこそ飲んでほしい甘酒

ひなまつりのお菓子といえば、ひなあられや甘酒。手作りは難しそうにみえますが、できれば手作りをおすすめします。

特に甘酒は買うよりも手作りの方がメリットは多いです。麹入りの甘酒は酵素が豊富ですが、この酵素は熱を加えると効果がうすくなります。

市販されている甘酒は、発酵を止めるために加熱処理が施されているので、活きた酵素を撮るのは少し難しくなっています。

8109376f518d347a4456bab41a9d061e_s

甘酒の簡単な作り方

甘酒の手作りは意外と簡単で、温度管理さえしっかりしていれば後は簡単です。おすすめは炊飯器を使う方法で、放置していれば美味しい甘酒が簡単にできるので是非挑戦してみてください。

甘酒は苦手という方も多いですが、ほとんどの方は酒粕を使った甘酒しか飲んだことがないのではないでしょうか。麹から作った甘酒は本当に美味しく、くせになりますよ。

別名「飲む点滴」と言われるほどビタミンミネラルたっぷりの甘酒。
子供にも最適の飲み物ですが、大人にとっても疲れをとったり美肌のためにも最適です。

大人も美味しいひなまつりケーキ

緑とピンクと白、3色で彩り豊かなひなまつりケーキ。3色で作る場合、どんな材料を使ったらよいのでしょうか。

・緑(抹茶、緑茶粉、青汁、小松菜などの野菜など)
・白(牛乳、豆乳、生クリームなど)
・ピンク(いちご、さくらんぼ、トマトなど)

食用色素を使うのも手です。
定番のスポンジケーキをはじめ、ムースやプリン、ゼリーなどお好きな形で3色を彩ってみてください。

また、甘いケーキだけでなく、ご飯でひなまつりケーキを作るのも流行っています。
見た目はケーキに見えて、大人も子供も嬉しい栄養満点のごはんもおすすめです。

いろんなメニューにチャレンジして、いつものひなまつりとは一味違う楽しみ方をしてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク