ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

サンダル選びで苦労してる?歩きやすいサンダルを選ぶポイントまとめ

   

71b66ff9caa6dce8674117b64de5a308_s

靴と違って通気性が良く、脱ぎ履きしやすいのがサンダルです。多くはゴムやポリウレタン、プラスチックで作られているため軽く、さまざまな種類があります。

ビーチサンダル、ミュール、ヒールサンダルなど用途に合せて使えますが、履きやすく歩きやすいサンダルを選ぶポイントって何でしょうか。自分の足に合ったサンダルの見つけ方教えちゃいます。

スポンサーリンク

ヒールの高さ

・ミュールやサボ
かかと部分にとめるためのストラップ等がないため、歩いていると脱げてしまうことがあります。脱げにくくするためにはヒールの高さが重要になってくるんです。一般的に歩きやすいヒールの高さは5.5~6cmと言われています。

① サボ
足の甲を覆う面積が広く、6cmほどの高さがあれば脱げにくいでしょう。

② ミュール
足の甲を追う面積が狭いのでヒールはさらに低いものを選ぶのがおススメです。

実際に試着して脱げにくさを確かめてから購入するのが1番の方法ですよね。見た目に気を取られがちですが、可愛くても足がすぐ疲れてしまっては辛いものです。歩きやすく可愛いデザインのものを選ぶのがいいでしょう。

ヒールのタイプ

ヒールの接地面積が靴に比べて小さいためバランスのとりにくいものや疲れやすいものが多くあります。中でもピンヒールは接地面積が極端に少ないためモデルの方でも転んでしまうことがあるほどのようです。

おしゃれでも転んでしまうのは嫌ですよね。ヒールのタイプは履きやすさや歩きやすさを求める上でとても大事なことです。

① ウェッジソール
靴底の全面が地面に接しているヒールで安定感は抜群。

② 太ヒール
ピンヒールより太くチャンキー(ずんぐりした)ヒールとも呼ばれます。

③ プラットフォーム
ヒールだけでなく前方のソールにも厚みがあります。

スポンサーリンク

サイズの選び方

自分の足より大きいサイズを履いていると歩いている間に足が前の方に滑ってしまい、知らないうちに力が入り疲れやすくなってしまいます。歩いているとき脱げやすく、靴擦れの原因にもなります。

また、小さいサイズを履いていると指先がきつく詰まって、外反母趾の原因になってしまいます。自分の足に合ったものとはどのようなものなのでしょうか。

・足の甲に圧迫感がない
・足先(指先)を広げられる
・かかとが痛くない

この3つに気をつけてサイズを選んでみてください。長さが合っているからといって足に合っているとは限りません。甲の高さ、横幅はそれぞれ違いますよね。

しっくりくるものを選びたい方には専門のスタッフの人に測ってもらうことがいいのではないでしょうか。

美脚効果あり!厚底サンダル

サンダルだけでなくブーツやパンプスなどにも使われる「厚底」ですが、美脚効果だけに意識を向けすぎてしますとサンダル選びに失敗してしまいます。

無理な姿勢で長時間歩いていると足を痛める原因につながり、健康上よくないものです。脚に負担が少なく歩きやすいことに重点をおいて、おまけに美脚効果があるくらいの考えでいきましょう。

・フラットタイプ
厚底が真っすぐで足裏に極端な反りがなく、フラットな状態に保つことで脚への負担を軽減してくれます。

・ホールドタイプ
脚を包み込もうようにフィットして足首も固定されていて(ストラップ付き選ぶことで)余計な力がかからず疲れにくくなっています。

・ウエッジソール
肌あたりがよく素足で履いても心地よく、クッション性が高いことで衝撃を和らげ歩きやすい。

・キャタピラーソール
靴底がデコボコになっていて滑りにくく安心して履け、雨の日にもおススメ。

最後に

不安定なバランスを確保しながら歩かなければならないため姿勢を悪くしてしまうこともあります。おしゃれに楽に健康的に自分に合ったサンダルを見つけてみてください。

大事なのは、試着したときにどれだけ自分の足に馴染むかです。ぜひともあなたに似合うサンダル探し出してくださいね。

スポンサーリンク