ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

むくみ腸で便秘とにきびが!?知っておきたい4つの改善法

   

190192

女性ならば、

「ここ一週間くらい便が出ない…」
「にきびがなかなか治らない…」

という状態に悩んだことがある人が多いと思います。

こんな症状を、ただの便秘やホルモンバランスの影響と考えて放置していたりしませんか?この症状、実は『むくみ腸』のせいかもしれませんよ!

それでは、今回は『むくみ腸』による症状や改善方法をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

むくみ腸って何?

『むくみ腸』という言葉をここで初めて聞いた人も多いかもしれません。手や足、顔と同じように、内臓である腸も実はむくむのです。

むくみ腸になる原因としては、便を出すことを促すぜんどう運動が鈍っているからです。ぜんどう運動が鈍ると便秘になり、排出物がどんどん腐っていきます。排出物が腐るということは、おならも臭くなりますし、毒素が体にまわって肌荒れ等にもなってしまいます。

どんな症状がでるの?

それでは、実際にむくみ腸によって起こる症状を挙げていきますので、自分自身がむくみ腸かどうかチェックしてみてくださいね!

・脚や顔がむくみやすい
・にきびが治りにくい
・ダイエットしても効果が出ない
・便が3日以上出ない状態が月に数回ある
・下剤(コーラック等の市販薬も含む)を5年以上使っている
・お腹が固く、膨らんでいるような気がする
・便をしても残っているような感覚がある
・おならが臭い
・肩こりや倦怠感

という上記の症状が、むくみ腸によって出るものです。

ただし、ニキビはホルモンバランスの影響や寝不足等が原因でなることも多いです。また、おならの臭いに関しても、乳製品を消化しにくい体質の人が一時的になりやすいです。

むくみ腸が原因の場合だと、長く続くことが多いので、続いている日数で判断してみてくださいね。

スポンサーリンク

むくみ腸を改善するには?

便秘だからと言って下剤に頼ってばかりいると、ますます自力でぜんどう運動ができない体になっていきます。

ですので、以下で自然にぜんどう運動を活発化させる対処法を紹介していきたいと思います。

① 水分を多めにとる
水分をとらないと、便もカチカチになっていってしまいます。まずは寝起きにコップ一杯の水を飲むと、腸の動きを活発化させることができます。ただし、お腹が冷えてしまうと逆効果になってしまう恐れがあるので、2敗目からは常温もしくは温かい飲み物がお勧めです。

② 適度な運動
いきなり激しい運動をしなくても大丈夫ですので、ウォーキング等の軽い運動から始めてみましょう。それだけで腸の活発化に役立ちます。

③ 朝食を食べる
朝ごはんを食べると、腸が活発に動き始めます。また、ヨーグルトを摂取するのも良いです。ヨーグルトを食べるときは、食中や食前に食べるよりも、食後に食べたほうが食事によって胃酸が薄くなっているので乳酸菌が腸に届きやすいです。

④ 規則正しい生活を心がける
朝起きる時間を定時にすると良いです。また、寝る前にスマートフォンを触ったり、寝る3時間以内に食事をしていると眠りが浅くなってしまいます。

いかがでしたか?どうしても忙しくて時間が取りにくい社会人は、むくみ腸になりやすいです。

ですので、今回挙げた対策を少しでも心に留め試してみるこおすすめします。

スポンサーリンク