ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

手の指がつる!?知っておくべき理由と病気の関連性

   

手の指がつる

今頃の暑い時季や、冬の時季、手の指がつった経験のある方はいらっしゃいますか?足がつるのは「こむら返り」という言葉もあるくらい一般的ですが、手の指がつった。というのはなかなか、聞かないかもしれません。

ですが、足の指、ふくろはぎ、腕、様々なカ所がつるんです。では、なぜ、そのような現象が起こるのか、また、対策はどうしたらいいのかを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

どうして指がつるの?

 

 

つる時のからだのメカニズム

つっている時、からだは筋肉が硬直し、けいれんしているのです。そのため、激しい痛みを感じるのですね。なぜ、急にそのような状態になるのか・・・いろいろな要因が重なって起こります。要因を探ってみましょう。

 

(1)ミネラル不足

筋肉が収縮するときに必要なのは、マグネシウム・カルシウム・ナトリウム・カリウムといったミネラル成分です。

汗と一緒にナトリウム・カルシウム・カリウムらが、からだの外に流れ出します。ミネラル成分のカルシウム・カリウム・マグネシウムは筋肉の収縮に必要です。

これらが失われると、ミネラルのバランスがくずれて筋肉の状態が悪くなり、つりやすくなるのです。

 

(2)冷え

からだの冷え=筋肉の冷え。筋肉の冷え=血流の悪化。

血流の悪化によって、さらにからだが冷え、血管が収縮して筋肉が緊張し、つってしまうという症状になることがあります。

 

(3)脱水症状

脱水症状のときは(1)のミネラル不足になるということですね。

 

(4)ストレス・疲労

血流が悪くなってしまいますね。(2)の冷えと同じ原因です。

 

病気が原因でつってしまう?

 

つってしまう要因がわかりました。ですが、それらだけでなく、恐ろしい病気がひそんでいる可能性もあるようです。

どんな病気でつるの?

・糖尿病

・脳梗塞

・閉塞性動脈硬化症

・腎疾患

・脊柱管狭窄症

・椎間板ヘルニア

・女性ホルモンの減少

上記の病状が原因でつることもありえます。何回もつってしまう方は早めに病院でみてもらいましょう。

 

指がつらないようにするには?つってしまったときはどうしたらいい?

 

スポンサーリンク

 

つらないようにするには・・・

 

(1)ミネラル補給

水ではなく、スポーツドリンクやミネラルウォーターで水分補給

 

  • 運動前のバナナ

運動中のつる原因はカリウム不足と思われます。バナナにはカリウムが含まれています。カリウムの補給をしましょう。

 

  • 冷えないようにする。

冷えないようにするには?

 

1・飲み物は常温にする。

 

2・半身浴をする。

からだが冷えたと思ったら、いつもより長めにお風呂に入りましょう。長く入るためにも半身浴がいいでしょう。

 

3・寝る前のストレッチ

血行を良くして、良質な睡眠を!

 

それでも、つってしまったときは、どうしたらいいの?

 

  • マッサージ

筋肉の収縮なので、やさしく解きほぐし伸ばしていきましょう。その場合、冷やすより温めた方がいいのです。

 

  • ストレッチ

 

1・筋肉の疲れからくる場合

・手のひらをからだの前にまっすぐのばし、反対の手で指を1本ずつ、自分に向かってひっぱりながらのばします。

・手のひらの裏と表をのばします。反対の手も同じように行います。

 

2・冷えからくる場合

・左右の手をにぎりこぶしにし、からだの前にまっすぐのばします。

・小指からゆっくり開いていきます。これを治るまでくり返します。

いきなりおそってくるつり。痛みと突然のことで、気が動転してしまうこともあるかもしれません。原因と対策がわかっていると、冷静に対応することもできると思います。

そして、根本的な原因を解決して、四季を通して健やかな日々をすごせたらいいですね。

スポンサーリンク