ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

2016年船橋港親水公園花火大会の日程とおすすめ穴場スポット

   

船橋港親水公園花火大会2016年の日程

 

出典:event-checker.blog.so-net.ne.jp

出典:event-checker.blog.so-net.ne.jp

 

7月27日(水)19:30~20:30「概要や見所」千葉県船橋市で行われるふなばし市民まつりの中の花火大会です。都内や千葉県内の花火大会と比べるとやや早い日程で行われています。

スポンサーリンク

 

オープニングセレモニーでは市長や公認ゆるキャラのフナエモンも登場し、市をあげた夏の一大イベントとなっています。地元のケーブルテレビでも生中継されるため、市民の認知度は高く花火大会当日は見物客でにぎわいます。

毎年違ったテーマが決められていて、テーマに沿ってナレーションが加えられ、花火が打ち上げられます。花火に合わせて音楽やライトアップも行われています。打ち上げる花火の数は8500発程度とそこまで多くはありませんが、毎年キャラクター花火や途中で色が変わる花火など変り種の花火や豪華なスターマイン花火も多数用意されていて、何度来ても楽しめるような工夫が凝らされています。

港の海上から打ち上げられるため、晴れていても強風などの天候によって直前で中止になることもしばしばあるので、当日の開催情報をチェックしてから出かけると良いです。開催情報はホームページのほかケーブルテレビなどで配信されています。

 

スポンサーリンク

 

船橋港親水公園花火大会穴場スポット

 

花火大会の会場である船橋港親水公園は観覧席が設けられますが事前申し込みが必要です。また隣のららぽーとTokyoBayやIKEA船橋でも観覧席を設置していますが、どちらも早い段階で申し込んでおかないと席は埋まってしまいます。

更に周辺道路は当日大渋滞になり入場規制も入るため、指定観覧席がない状態で会場付近に行くのはお勧めできません。近隣に住む市民の穴場スポットとしては船橋港につながっている海老川にかかる橋から見るのが定番です。

川の側道は細いわき道になっているので車もほとんど入ってきませんし、目の前は川なので視界をさえぎる建物も少ないです。音楽は多少聞こえにくくはありますが、花火をゆっくり鑑賞するのであればちょうどよいと思います。

折りたたみのイスを持っていくと休憩しながら見ることが出来るので便利です。なお、移動する人もいるので通り道は確保する必要があります。地域の方の穴場スポットなので、スペースは分け合って鑑賞するようにしましょう。

 

アクセス法(行き方:車、バス、電車等)

自動車道は大変混雑するので電車での移動をお勧めします。JR総武線船橋駅もしくは京成線船橋駅から徒歩20分程度、もしくはJR京葉線南船橋駅から徒歩10分程度で会場には着くことが出来ます。

 

スポンサーリンク