ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

喉に違和感がるけど…これって病気?違和感の正体ヒステリー球とは

   

喉の違和感ヒステリー球

最近舌がピリピリしたり、首を絞められるような違和感を喉に感じたり、顎が痛くなったりと口周りがかなり不調を訴える方が多くなりました。

病院に行こうとも口周りなので歯医者さんに行くべきなのか、口腔外科などに行くべきなのかなんだか迷われる方も多く、そうしている間にも病院に行くことから面倒くさくなってしまいますよね。しかし、病院へ行って診てもらわないと大きな病気だった場合、とても怖い目に合う場合がありますので注意が必要です

ただ、今回紹介するのは「ヒステリー球」と呼ばれている病気で、身体的症状が出ないため病院(内科)での診察ではなかなか異常がみつからないやっかいな病気です。ですが、ヒステリー病には治療法も確立されていますので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヒステリー球ってどんな病気?

「ヒステリー球」は、のどの奥に魚の骨がひっかかり違和感があるような状態や、ボールが喉でコロコロしているような違和感を感じる病気なんだそうで(それ以外の違和感の感じ方もあるそうなのですが、大体のかたが同じような違和感を訴えているそうです)、自律神経の乱れから現れる症状です。

自律神経が乱れてしまうことによって交感神経という神経が働きすぎてしまうためにこのような症状が現れてしまいます。また交感神経が働きすぎたり緊張しすぎたりしてしまうと喉が狭窄されてしまうような感覚に陥ってしまうので、「苦しい」と感じてしまう方もいらっしゃいます。

喉に違和感を感じて耳鼻咽喉科などを受診されたときに、なんの異常もないと診断された場合は自律神経の乱れによって引き起こされている違和感である場合が多いです

スポンサーリンク

どうすればヒステリー球を治せる?

自律神経を乱れさせて交感神経の働きを過剰にさせてしまわないようにすることが大切です。といっても、交感神経が過剰になるのはどんな時か分からなければ防ぎようがありませんよね。

普段の生活でいうと、ストレスを感じたり、緊張したりすると交感神経の活動が過剰になるようなので、できる限りストレスを感じたり緊張したりするようなことを避けるようにしましょう。喉の違和感だけではなくドライマウスになってしまう可能性もあるそうなので気を付けていきたいですよね。

また、そういった症状が出てしまっている場合にはリラックスできるような時間を作るのが大切です。休暇をとってみたり、趣味に没頭してみたりアロマセラピーや旅行などその方法は、その人それぞれに自分のリラックスできる時間を増やしてあげることです。

中には普段よりたくさん寝るだけで治ってしまったという方もいらっしゃるそうなので、寝るのが大好きな方や睡眠不足からストレスを感じてしまっている方などは、そういった時間を増やすのもいいかもしれませんね。

体のどこの部位でもそうですが、体に違和感を感じた際には何の病気なのかをはっきりさせるためにも取りあえずどこかの病院を受診してみることが大切です。

スポンサーリンク