ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

爪の半月が全くないと不健康!?爪の白い部分の謎を解明します!

   

爪半月

あなたは爪の半月が小さいから不健康かもしれない…なんて悩んだことありませんか?
または、爪の半月が大きいから健康だよね!なんて話を聞いたことはありませんか?

「親指以外に白い半月がないよ」

「半月が指のよって大きさが違う」

といったのは、よく聞く話ですよね。

では、この爪の半月は一体どういったもので、ないと不健康なのか、大きいと健康なのか、あなたの疑問にお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

爪の半月の正体は

実は爪の半月の正体は別名ルヌーラともいい、皮の下に形成されたばかりの爪です。白いところは主に水分含有量を教えてくれています。

つまり、白い部分が多いと水分が多い、逆に少ないと乾燥していることを表しています。
成長の早い親指はこの白い半月が大きくなる傾向があり、逆に成長の遅い小指などは小さかったりします。

半月の大きさには人それぞれで個人差があり、年齢や遺伝はもちろんのこと、日頃の生活のでの手作業の多さなどか関係します。

 

半月がないと不健康なの?

では、この半月がないと爪が生え替わっていないので不健康なのかと言われると、そういうことはありません。人によって白い部分が見えやすいという方もいれば、見えにくいという方もいるだけで、爪が生え替わっていないということではないので心配しなくて大丈夫です。

20台の男性であれば親指に半月がある人は全体の95%も占めていますが、小指に半月があるのは35%と少なくなっています。7本以上の指に半月があると言う人は52%ですから、二人に一人しかいないわけですね。

スポンサーリンク

 

半月で分かる疾患

では、この白い部分、大きければいいのかというとそうではなく、あまり大きすぎると脳溢血と言う病気を疑わなくてはならないので注意が必要です。

よく親指以外に半月がない方も多くいらっしゃいなすが、健康には全く問題ありません。ただ、全部の指にないというのであれば話は別で、脳梗塞の危険性もあるので注意が必要となります。

特に、今まであった半月が急に大きくなったとか、なくなってしまった、半月が変な形になった等あったら、お医者様に見てもらうことをおすすめします。
まずは、皮膚科で何かの疾患の疑いがあるのであれば内科にかかるとよいでしょう。

 

まとめ

爪に半月がないからといって病気を疑う必要はありません。半月の大きさは年齢や遺伝などに関連し個人差があります。

ただ、急激な変化があった場合は何かしらの病気のサインである場合もありますので、注意が必要ですね。

スポンサーリンク