ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

花粉症に効く注射があるって本当?実は恐ろしい副作用との関連性

   

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

花粉症の季節になると、あちらこちらでマスク姿の人が見え、くしゃみを連発したり鼻水をすすったり目をこすったり、みなさん本当に辛そうですよね。

病院に通って薬も飲んでいるけれどなかなか症状が改善しない。そんな折、「花粉症を一発で抑える注射がある」と聞けば誰だって飛びつきたくなるものです。
でもちょっと待ってください。そんなおいしい話があるのでしょうか。

スポンサーリンク

一発で治せる注射はおすすめしません

「注射一本で、この春は花粉症の症状が出なくなる」と言われるものは、ほぼ間違いなくステロイド、別名「副腎皮質ホルモン」注射でです。名前は「ケナコルト」など。

確かに強力な作用を持つステロイドは1回注射するとゆっくりと体内に入り、1か月くらいは作用し続けるので効果はてきめんなのですが、なんといっても副作用が怖いです。

糖尿病誘発(血糖値が上昇する)、ホルモン異常(生理不順など)、免疫力低下、肥満、高血圧、骨粗しょう症、精神障害、全身のだるさ、むくみ、皮膚障害、肝機能障害など、多数の副作用が確認されています。

そのため、本当ならあまり病院でもおすすめしないはずなのです。日本耳鼻科学会や日本アレルギー学会などでもおすすめはしていません。安易にこの注射をしてしまう病院は信用がないといってもいいでしょう。

「えっ?そんなの知らずに受けてしまった」という人がいても大丈夫、1度注射をしたくらいでは副作用は出にくいので安心してください。長期にわたり何度も通った方が糖尿病や高血圧を誘発してしまいます。

いくら効果が高いといっても、花粉症を抑えて重篤な病気になったのでは一生が台無しになってしまいます。特に糖尿病や高血圧になってしまうと、それこそ一生治らず病気と付き合っていかなくてはならなくなります。後から後悔しようにも遅いです。

もともとは喘息のための注射だったのですが、ひどい喘息の方にもなかなか使わないようです。
こういったことを知ってか知らずか、遠路はるばる何度も足を運ぶ人も少なくないようですので注意してくださいね。

どうしても事情があって今年は花粉症が出てほしくないというときのみ利用するのは仕方がないですが、本当に今必要なのかよく考えて利用すべきです。

スポンサーリンク

安心できる注射

ステロイド注射のように劇的な効果はなく、効果があらわれるまでに何度も通う必要がありますが、副作用が少なく、長期的に見た上では有効な注射があります。

・アレルゲン注射…即効性はありませんが、完治を目指せる注射です。1回あたり500円~1000円ほどで受けられますが、かなり長期間通うことが必要です。だいたい2~3年かけて少しずつ治していきます。
最初は週に1度のペースで通わなくてはならないのでなかなか難しいですが、副作用が少なく安心して受けられる注射です。

・ヒスタミン注射…即効性はありませんが、アレルゲン注射ほど注射の回数が多くなくてすみます。1回あたり500円~1000円ほどで、1~2か月ほどで効果がでるので、毎年シーズンごとに受けられる方が多いようです。完治できる訳ではなく、あくまでも症状を抑える注射になりますが、ワンシーズンを快適に過ごすにはおすすめです。

あせらずにゆっくりと治していこう

注射が苦手という方や、がんばって自分で完治を目指すんだという方には「舌下免疫療法」という治療法もあります。

舌の下に薬を垂らし、数年にかけて体に免疫を作っていく方法です。即効性はありませんが、病院で処方してもらえば後は自宅での投与が可能ですので、忙しい人にはおすすめです。

注射にしても、薬にしてもなかなか即効性が出ず歯がゆいところですが、あやしい商法にはまどわされないように気をつけましょう。一発で治るというようなおいしい話には裏があります。

花粉症になる人は多いので、仲間も多いはずです。情報交換をしながら、少しでも気が楽になるよう支えあえたらいいですね。

スポンサーリンク