ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

2016年北國花火大会の日程やおすすめ穴場スポットの紹介

   

北國花火大会2016

出典:hk-event.jp

 

今年もそろそろ、花火大会の季節になりますね!全国各地で行われる花火大会ですが、「北國花火大会」を今回はご紹介します。

スポンサーリンク

 

北國花火大会2016年の日程と見所

今年度は7月30日(土)、19時45分~21時までの予定となっています。小雨の場合は決行しますが、荒天時は翌日に順延されます。

概要や見所金沢市の大豆田本町犀川緑地(県営まめだ簡易グラウンド)にて、約1万2000発が放たれます。特に注目してほしいのは、“おとこ川市民花火”です。

こちらはなんと!連続で1000発もの花火が夜空を彩ります!!まるで、この時だけ昼間にタイムスリップしたかと思う程、真っ白に空が染まります。その光景は、“おとこ川”の名に恥じない貫禄を見せつけてくれます!

おとこ川…犀川の愛称。かの室生犀星が愛した川とも言われています。

 

おすすめ穴場スポット

私の一押しは、開催地から歩いて約10分の金沢市民芸術村です!“大和町広場”という大広場があり、一部に芝生のエリアがあるので、そちらでレジャーシートを敷き、寝転んで鑑賞するともう最高です!!

実際、近所の方たちは人混みが激しいグラウンド周辺を避けてこの広場に集まってきています。遠方からお越しの方でも、無料駐車場が262台分ありますので心配いりません。

金沢市民芸術村で検索すると詳細が出てきますので、気になった方はご覧になってみて下さい。ただ一つ注意があります。芸術村の周りが木々で覆われているため、ナイアガラ等、打ちあがる位置が低い花火は見えません。それ以外は文句なしの穴場スポットといえます。

その他、アピタ金沢店の屋上駐車場も穴場です。なんと言っても最大のメリットはスーパーマーケットと直通しているので、ちょっとのどが渇いた…小腹が減った…というときにすぐ買い物出来ることです。花火の打ちあがっている間は店内にお客さんも少ないので、おすすめです。

そして、金沢市のできるだけ中心部の高層マンションにお住いの知り合いがいる方はいっそのことその方のお家に行くという手もあります。遠目からですが、人混みも気にせず、涼しい部屋から眺める花火はまた格別です。

スポンサーリンク

 

アクセス法(行き方:車、バス、電車等)

車でお越しの場合、高速を使われるのでしたら、北陸自動車道金沢西ICで下車して下さい。そこから約10分でまめだ簡易グランドへ到着します。…が、駐車場が有料(事前申し込みが必要)のため、申し込みされていない方はあらかじめ別の駐車場を探しておきましょう。

会場周辺は交通規制も行われますので、早めのご来場を心がけた方がよいでしょう。周辺で駐車場を見つけるのが面倒という方はJR金沢駅西口からシャトルバスが出ていますので、そちらを使うのがいいかもしれませんね。

料金は片道100円(小学生以下は無料)で、約5分で到着します。電車の方は上記の駅からシャトルバス、という方法がおすすめです。バスでしたら、北陸鉄道「大豆田」停留所から徒歩約3分です。ですが、金沢のバスの路線はかなり複雑なため、あまり推奨しません。

スポンサーリンク