ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

角質培養しくみを小売店の肩書風に説明しちゃうぞ!

   

c08d3b6ec64d96542f6dd8b0577b5731_s

『角質培養』という言葉を知っていますか?これは、簡単に言うと肌を特に手入れせずに放置することです。

「肌は清潔にして、しっかりケアしたほうが良いんじゃないの?」
って思っている人が大多数だと思いますが、実は肌の仕組みを見ていくと、お手入れしすぎも考え物なのです。その理由を、以下で説明していきますね!

スポンサーリンク

角質層とターンオーバーの関係

角質というのは一見邪魔なものに思えますが、肌の一番前面で乾燥や刺激から守ってくれる大切なものです。これが何重にも重なって角質層となり、肌の表面を守っているのです。

この層の一番前に出ている角質は乾燥等の刺激と戦って疲れると、垢となって剥がれ落ちます。これがいわゆるターンオーバーで、これを繰り返しつつ肌は美しさを保っていくのです。

角質層のしくみを小売店の肩書で

角質層のしくみを、小売店の肩書で説明してみたいと思います。

――――――――肌の表面―――――――――
□店長角質…働き疲れた。そろそろ休んでいいよね?
□リーダー角質…店長になる準備万端!
□2年目一般社員角質…リーダーになるために実績を積んで準備しよう
□新人角質…右も左もわかりません

という状態が通常ですが、肌をゴシゴシこすったりピーリングをしてしまうと、2番目の角質層まで剥がれ落ちてしまいます。

予想外の最前線社員の離脱により、2年目一般社員角質が店長角質クラスの仕事をいきなりしなければいけなくなします。

 

――――――――肌の表面―――――――――
□2年目一般社員角質…リーダーになるために実績を積んで準備しよう
□新人角質…右も左もわかりません

まだまだ新人に毛が生えたくらいの若い社員角質が後ろ盾もなく最前線に立たされてしまうと、店舗(肌の表面)を刺激から守り切れず、さらに速いスピードで剥がれていきます。

 

――――――――肌の表面―――――――――
□新人角質…右も左もわかりません

そして、それを苦にした2年目一般社員角質が離脱し、最後に残った新人(角質)が最前線に立たされ、店舗(肌)を守り切れないビニール状態になります。これを防ぐために、角質培養をするのが効果的だと言われています。

※実際はいきなり一般社員や新人だけになる店舗なんてありません(笑)が、説明のためですのでご了承ください。

スポンサーリンク

角質培養の方法

① ぬるま湯でそっと洗う
② タオルに水分を吸わせるような感覚でそっと拭く。絶対にゴシゴシこすらない
③ 低刺激の保湿剤を使う(ホホバオイル等)
④ ファンデーションはなるべく塗らない

角質培養をするメリット

・にきびが出来づらくなる
・毛穴が小さくなり、目に見える角栓が出来なくなる
・化粧品代があまりかからない
・化学物質をあまり使用しなくなるので、健康に良い

角質培養中のデメリット

・化粧ノリも悪くなり、見た目も悪い
・角質培養中という言訳で見た目に気を使わなくなる
・成果はすぐに出ない。1年から数年かける覚悟で行う
・アトピーの人は悪化の恐れがあるので出来ない
・にきびがある人は皮脂量が増えているので、悪化の恐れあり
・脂漏性皮膚炎になる場合もあり(皮膚がポロポロ剥けるようになってきてしまったら、一度やめて皮膚科を受診してください)

角質培養のまとめ

いかがでしたか?角質培養は肌を放置するので、社会人女性にはなかなか難しい内容ですね。

肌が汚くなっても数か月単位で人に会わないというのも難しいので、途中で挫折する人も多く居るように感じます。また、上手くいくかいかないかは、人によってバラつきもあるようです。

さすがに毎日は難しいですが、一週間に一回だけでも化粧をせずに肌を休めてあげる日を作ってあげるだけでも違うと思います。

スポンサーリンク