ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

布団に血がついた!これだけは抑えておきたい血液汚れの落とし方

   

血の汚れ

衣類やお布団についてしまった血液の汚れは手強いものです。毎日発生する着用後の汚れた衣類はお洗濯をしてきれいにしていますよね。

汗じみや泥はねの汚れは洗濯洗剤や洗濯機の進歩により以前より効率よくきれいに洗えるようになりました。しかし血液の汚れを落とすためにはちょっとしたコツが必要になりますので、注意してください。

 

スポンサーリンク

 

血液の汚れには注意が必要!

 

 

夜中に出てしまった鼻血や身体を掻いてしまって朝起きてみるとシーツや布団に血が付いていたことがあると思います。

お子さんがいる家庭ですと、膝小僧が擦り剥けたりして頻繁に血の汚れを気にするようなことが起きてしまうものです。

そこで「洗濯機に入れて普通に洗えばいいや」とは考えないでください。

血液中に含まれるたんぱく質やヘモグロビンは大変落としにくい汚れです。血液汚れに気づいたら早めに処置をしておくことが有効です。

 

水洗いですぐに対処を

 

血液が付着したばかりであればすぐに水洗いをすれば汚れは落とせます。

水洗いができる状況でなければ、まず乾いた布やティッシュで血液を拭き取り、濡らしたハンカチ等で叩いて汚れを移し取ります。

くれぐれも布を擦りつけるような拭き取り方は避けて、血液シミの外側から内側に向かうように叩いて汚れを取り除きます。

ある程度時間が経過してしまった血液汚れや水洗いで落ちない汚れには普通のシミ抜きと同様に直接液体洗剤を塗布してもみ洗い・つまみ洗いをしてください。

注意事項としてぬるま湯を使用すると血液中のたんぱく質成分が固まってしましますので、水を使用してください。頑固な汚れには漂白剤も使用してください。

 

水洗いできない布団への血液汚れには

 

シーツについた汚れは水洗いが可能ですが、布団やマットレスに汚れがついてしまった時には水洗いは困難です。

古くなった血液汚れや水洗いができないばあいは綿棒や歯ブラシを使用して叩き洗いをしましょう。

酸素系漂白剤や消毒用オキシドールを綿棒・歯ブラシに浸けて血液汚れの外周から叩いていくと、血液が化学反応を起こし泡がでてきます。

でてきた泡をやさしくタオルで拭き取り繰り返すことで布団についた血液汚れを取り除けます。

 

セスキ炭酸ソーダを使用してみる

 

スポンサーリンク

 

血液汚れにはもちろんいろいろな場所の清掃に話題になっているものに「セスキ炭酸ソーダ」というものがあります。

いろいろな汚れに活躍する「重曹」をご存知でしょう。セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ性が強く、水に溶けやすい性質を持っています。

汗の汚れや、油汚れ、手垢等の酸性の汚れに広く対応します。アルカリ性が若干強い分、肌の弱い方は手袋を着用して使用されたほうがよいですね。

・血液の汚れを落とすためにセスキ炭酸ソーダを入れた水に浸け込んだ後に洗濯をする。

・もみ洗い・つまみ洗いの際に汚れ部分に洗剤の代わりに使用する。

・水洗いできない布団やお部屋の壁紙等に布や歯ブラシに染み込ませて叩き洗いをする。

上記のように使用して血液汚れを落としてみてください。

 

まとめ

 

 

血液の汚れは厄介なものですが、ほうっておくには非常に目立つ汚れです。

血液汚れを見つけた場合はすぐに対処することが大変有効です。

・即座の水洗い

・水洗いができなければ叩き洗い

・頑固な汚れにはもみ洗い

・古くなった血液汚れには浸け置き洗い

・仕上げには洗濯機を使ってお洗濯

手間はかかるかもしれませんが、血液の汚れもしっかりと落とすことは可能ですので、きれいなシャツやシーツ、お布団で気持ちよくしておきましょう。

 

補足

血液自体は基本的に弱アルカリ性が正常の状態です。病気等により酸性に傾くこともありますが、PH(ペーハー)は7.3~7.45が正常な状態です。

スポンサーリンク