ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

頭痛に悩む人に朗報!頭痛を薬を使わずに簡単ストレッチで治す

      2016/03/10

頭痛で悩む

誰にでも経験のある頭痛ですが、その原因は一体何なのでしょうか。頭痛は症状や起こる頻度等によって、一次性頭痛、もしくは二次性頭痛に分けられます。

頭痛で悩んでいる人の大部分は一次性頭痛に分類され、その頭痛は病気が要因ではないのですが、日々の生活において慢性的に繰り返し起こります。その主な原因とされているのが首や頭部周りの筋肉の張りと血管の拡張で、なかなか症状が改善しなくて悩んでいる方も多いのが現状です

また、二次性頭痛は病気が原因で発症します。二次性頭痛は医師の診断を受けることをオススメします。頭痛に悩まされている方の大半は一時性頭痛ですので、今回は一次性頭痛の改善の仕方について紹介します。

スポンサーリンク

一次性頭痛の種類と対処法

緊張型頭痛

<原因>
・年齢や性別関係なく誰でも発症するリスクがある頭痛
・精神的なストレス
・椅子に座って長時間の仕事
・血行が悪くなり首や肩の筋肉が緊張する

<症状>
・後頭部を中心に頭全体が絞めつけられるような痛み
・肩や首のコリ
・軽いめまい
・朝から晩まで1日中一定の鈍い痛み
・温めると楽になる

<対処法>
・首や肩周辺を温めること
・同じ姿勢を続けず、軽く歩くなど運動をする
・首や肩中心にストレッチをする

片頭痛

<原因>
・20~40代の女性に多い
・頭蓋骨内の血管が広がり炎症を起こす
・ストレスと疲労
・女性ホルモンの影響

<症状>
・ズキズキ脈打つような強い痛み
・光や音に敏感になる
・吐き気
・頭や体を動かすと更に酷くなる
・月に1~2回以上起きる

<対処法>
・入浴や運動、マッサージは逆効果
・痛む部分を冷やし、休息をとること
・こめかみを押さえて血流を止める

群発性頭痛

<原因>
・男性に多いですが、まれな頭痛
・目の後ろの内頸動脈が拡張して炎症を起こす
・体内時計が関係していると考えられている

<症状>
・かなり激しい痛み
・1~2ヶ月、毎日同じ時間に1~2時間痛む

<対処法>
・お酒、たばこをやめる
・規則正しい生活

緊張型頭痛と片頭痛の混合
・どちらの症状が強いかで対処方法を考えるとよい

スポンサーリンク

筋肉を緩めるポイント・ストレッチ

温める

絞ったタオルを電子レンジ(500w1分間)で温めてホットタオルを作りましょう。首の後ろ、髪の生え際のくぼんだ部分にタオルを押し当てるようにあてて温める。タオルが熱くなっているので火傷には十分気をつけましょう。温めることで血行が良くなり頭痛改善になると考えられています。片頭痛の場合は、逆効果になるので温めるのは控えます。

押す

首の後ろ、髪の生え際のくぼんだ部分(風池:ふうち)を指で押していきます。強めにコリコリをほぐすように押すのがコツです。眼精疲労にも効き目がありますので、長時間のデスクワークで疲れた時はこのツボを押してみましょう。

伸ばす

10~20秒ゆっくり時間をかけて行います。
・首筋を伸ばして両手で頭を抱えるようにゆっくり前に倒していく。
・背筋を伸ばして両手の親指であごをゆっくり上げていく。
・片手で頭をゆっくり横に倒していく(左右交互)

最後に

毎日の生活の中で頭痛は辛いものですよね。少しでも楽になれば仕事や家事、育児にと力が入るものですが、なかなか改善されないとことも多いのではないでしょうか。

今では、ネットを見ればたくさんの情報を見ることができますが、どれが正しいかはわかりませんよね。1つの解決方法を試してみるというくらいで試してみるのがいいものです。一度試して頭痛が改善しない場合、悪化してしまった場合、激しい痛みが起きた場合は自己判断せず病院で診てもらましょう

スポンサーリンク