ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

インフルエンザを効果的に予防する4つの方法

   

careerpark.jp

careerpark.jp

毎年嫌でも流行するインフルエンザ。

これに悩まされた事が無い人も多いのではないでしょうか。人は一度ウィルス性のものに感染すると抗体を作りますが、インフルエンザは次々と新型が現れるのでなかなか対応しきれません。

そんなインフルエンザになるべくかからない為には、どうしたら良いのでしょうか。今回は簡単にできるインフルエンザ対策をまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザが流行する時期

日本国内で流行するのは、12月から3月の丁度受験シーズンに流行します。なので、この時期に親子で予防接種を受けに行く方も多いと思います。

受験生にとっては一番大切な時期なので、試験当日に症状が出るという事はなるべく避けたいところですね。最も多い感染方法や対策を知っていれば、そんな最悪の事態を防ぐことができるかもしれません。

インフルエンザの感染方法

C789_kazewohiitemoworks_TP_V

・感染者のくしゃみや咳と共にウィルスが飛び散り、健康な人が吸い込んでしまって感染。

・感染者がくしゃみや咳をする際に手で押さえ、その後に触った物を健康な人が触ってしまい、その手で自分の鼻や口を触って感染。

という2つのパターンが主です。

どうすればインフルエンザを予防できるのか

① こまめに手洗いをし、ウィルスが付着している時間を短くする
② 予防接種を受ける
③ 免疫力を高めるような食事をする
④ 必要以上に出歩かない

自宅に居る時に比べて、外に出ると一気に感染の確立が高まります。仕事や学校等で外に出ることは致し方ないですが、受験等を控えている人は必要以上の外出を控えましょう。

また、予防接種を受けると数日具合が悪くなる人も居るので、なるべく受験直前ではなく、余裕を持って受けるといいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザに効果的な食べ物は?

基本的には、バランスの良い食事をするのが一番です。仕事等が忙しくて食事が偏りがちな人は、腸内免疫を活性化させる作用がある、乳酸菌を含む食品のヨーグルトを積極的に取り入れると良いと思います。

特にヨーグルトでは『R-1乳酸菌』の入ったものが一番効果的です。R-1乳酸菌は、ナチュラルキラー細胞(自然免疫の主要因子)の働きを高める作用があり、悪性のウィルス等を死滅させる働きがあるのです。

また、納豆やおくら、山芋等のネバネバしている食べ物も粘膜を保護してくれるので、入ってこようとするウィルスを防いでくれます。

体温が1度下がると免疫力は30パーセント低下するとも言われているので、お茶などの温かい飲み物を飲んだりすることも免疫力を高める手助けになります。特にお茶は殺菌作用もあることが有名ですね。

いかがでしたか?インフルエンザにかかってしまうと、長い期間苦しい状態が続いてしまいます。

それを防ぐためにも、日頃の生活でしっかり対策をしていきましょう。

スポンサーリンク