ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

虫除けスプレーを自作しよう!手作りに必要な道具と作り方まとめ

   

 

虫除けスプレー

雨が降り出し暑くなるころに次から次へとわいてでてくる小さな虫たち。小バエや蚊といったやっかい者たちから身を守るために虫除けスプレーを自作しましょう。市販されている虫除けスプレーでもいいですが、材料さえそろえればいつでも安価にお気軽に虫除けスプレーが自作可能です。

アロマオイルを使用しますので、あなたが好きなアロマオイルをまぜることで、香りのよい虫除けスプレーを手作りすることができます。いつでも手元に置いておきたい虫除けスプレーを自作してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

市販の虫除けスプレーはその品質効果が期待できる分、身体への悪影響が発生する場合があり、お子さんや肌の弱い方にとっては気になる側面も持っています。

手作りの自作虫除けスプレーであれば、どのような材料を使用しているのかが把握できるため、肌に合わない場合があっても材料を変更することで身体への悪影響を避けられます。

虫除けの成分を少量にして作成すれば敏感肌の体質のかたにも使用可能ですので、いろいろと配合を試しあなたにとって最適な虫除けスプレーを常備することができます。

手作り虫除けスプレーであれば、少量サイズの容器に小分けして、お部屋の中やカバンの中など、いつでも使えるようにいろいろなところに置いておくことができますので便利です。

作り方は簡単ですので、材料のひとつであるアロマオイルをいろいろと変えてみて楽しんでみてもいいですね。

 

手作り虫除けスプレーの材料と作り方

 

スポンサーリンク

 

必要な基本材料は3つだけです。100mlの虫除けスプレー量であれば、

1.アロマオイル(精油)20~40滴

2.無水エタノール   10ml

3.水(精製水)    90ml

上記の材料を数字の順番どおりに混ぜ合わせて100均ショップで手に入る小さめのスプレー容器に補充して使用します。

・アロマオイルの成分に虫除け効果があり、どのアロマオイルを配合するかで効き目の強弱や、どのような香りにするかを選ぶことができます。アロマオイル(精油)は凝縮された大変「濃い」もののため、香りをたくさん出したい理由等で適切な配合量を越すようなことはやめてください。

・無水エタノールはアロマオイルを溶かすために使用します。油と水は混じりあいませんので、無水エタノールを使用してアロマオイルと水が混じりあうようにします。アロマオイルと無水エタノールを混ぜあわせた後に水をまぜます。

・無水エタノールは強力なアルコール類です。薬局で市販されていますが、肌に合わない場合は配合する分量を少なくして調整してください。

・水は全体を薄めるために使用します。身体へ使用するものなので、可能なかぎり精製水を使用するのが好ましいですが、ミネラルウォーターでも効果は同一です。水道水は塩素が含まれいるため使用しないでください。

・3日間ほどで使い切るほどの量であれば、水道水でも構いませんが、1週間ほど使用するのであれば不純物が取り除かれている精製水を使用してください。香りや成分が変化しますので10日間ほど目安で使い切るようにしてください。

 

手作り虫除けスプレーはこれだけの材料で完成します。一度用意した無水エタノールやアロマオイルはなんども使用できる量になると思います。今年の夏は自作の虫除けスプレーで快適に過ごしてみましょう。

 

 

 

アロマオイルの選び方

 

アロマオイル

 

では、肝心のアロマオイルの選び方です。虫によって苦手な香りがありますし、香りの好みもさまざまです。

最初は「ハッカ油」を使用するのがベターですね。ハッカ油は入手しやすく「蚊」、「小バエ」に効果があります。またハッカ油には抗菌、覚醒、消臭効果もあり手元に置いておきたい一本になります。

ハッカ油の配合量を増やして、身体にスプレーするのではなく部屋の隅や、畳、台所、ごみ置き場にスプレーすることで虫予防の効果も期待できます。香りが気になるようでも自然と消えていきますので心配ありません。

 

ほかに代表的なものとして、

・シトロネラ

・ゼラニウム

・ペパーミント(ハッカ)

・レモン

と虫除け効果成分が含まれるアロマオイルがあります。レモングラス・レモンユーカリ・ラベンダーにも虫除け成分が含まれています。お持ちのアロマオイルがあれば使用してみてもいいですね。

虫除け成分の強いアロマオイルをメインとしてお好きなオイルを1割ほど混ぜてみてください。あまりたくさんのオイルを混ぜてしまうとひどい香りになってしまいます。あなたに合った虫除けスプレーを見つけてください。

アロマオイル、無水エタノールは大変濃度の高い液体です。取り扱いには注意して使用してください。

また、虫除けスプレーは妊婦さんや赤ちゃんの肌に直接使用することは避け、ベビーカーの外側部分にスプレーするなどをして注意して取り扱ってください。

スポンサーリンク