ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

ムカデの家への侵入を防ぐ!やっておきたい3つの方法

   

 

ムカデ

ムカデには強力なあごで噛まれるとかなり痛みます。また大型種のムカデにはかなり凶暴なものがあり触れたものには手当たりしだい噛みつくものもいます。

ムカデをいざ退治するにはなかなか勇気がいるものです。ムカデにであわないようにその侵入を防ぎかた、駆除の方法をごらんください。

スポンサーリンク

 

ムカデとは?

 

ムカデといえばたくさんの足をもつ虫というイメージです。漢字でも「百足」とかいてムカデと表記します。実際にみても百本あるようには見えませんが、ムカデの足って何本あるのでしょうか?

実は、ムカデといっても、ほかの虫たちと同様にたくさんの種類があり、その種別によって足の数は様々です。足が15対のムカデもいれば100対を超えるムカデもいます。

すべてのムカデに共通しているのが、強力なあごと毒線をもつ肉食の夏場にみかけるやっかいな虫であることです。サイズの小さなムカデは昆虫を主な食糧としますが、大型サイズのムカデはセミ・ネズミを捕食し、樹上を徘徊しコウモリさえも捕まえてしまうものもいます。

そんな凶暴なイメージのムカデですが母ムカデはこどもが大きくなるまで子育てをします。母ムカデは卵が孵るまで背中に乗せ大切に育てます。また、こどもが自力でエサがとれるようになるまでエサをあたえつづけます。

こんどは優しく感じてしまうイメージになりましたが、空腹時のムカデは手当たりしだいに獲物を狙います。玄関灯の光によってくる蛾を狙い、あなたのお家のドアや外壁を登り、わずかな隙間からお家の中に侵入してきます。寝具内に潜まれたりしたら恐怖の対象です。

日本ではムカデの毒による人の死亡例はありませんが、その神経毒にやられてしまうと強い痛みが長く続くこととなります。赤ちゃんや小さいお子さんには大変危険な結果がまちうける恐れがありますので、第一にお家にムカデが侵入できなくなるようにしましょう。

 

ムカデの侵入を阻止する!!

 

スポンサーリンク

 

ムカデの生息場所を考える!

 

ムカデは湿度の高い場所を好みます。日中の暑い時間は土の中や、石・落ち葉の裏に隠れてすごし、夜間の涼しい時間帯にエサを求めて活動を開始します。まずお家の庭を清掃してみましょう。

たまった落ち葉の掃除や植木鉢の配置、不必要なものを庭におかないようにします。すこしでもムカデにとっての生息場所を減らすように考えてみましょう。

お家の床下に続く換気口があれば細目のネットを使用して塞いでおくのがよいです。常に日のあたらない湿度の高い床下はムカデの絶好の活動場所になります。

 

 

殺虫剤やハッカ油で守りを固める!

 

床下の換気口を含め、エアコンの排水ホース口等、お家のなかにつづく侵入経路をネットで塞いだあとは、お家の敷地内への侵入を防ぎましょう。

ムカデは外からやってきます。お家の敷地外周に殺虫剤を塗布します。塗布する際は切れ目のないように丁寧に塗布場所をつなげてください。スプレー式タイプの殺虫剤ですと雨が降ってしまうと有効成分が流れていってしまいます。粒状のタイプの殺虫剤をまくのもおすすめです。

ムカデは壁面も普通に上ってきます。床下換気口に上下左右も殺虫剤を塗布してください。

玄関灯によって来る蛾を目当てにムカデがやってきます。そういった玄関灯にも殺虫剤を塗布しムカデのエサとなる蛾をよせ付けなくすることも大事です。

山の近くにお住まいであれば、ムカデがやってくる方向というものがパターンとして決まってきます。ムカデの侵入個所を重点に防御してください。

お家の周辺に殺虫剤を塗布する場合はかなりの量になることでしょう。人体への影響を考えると「ハッカ油」を使用するのも効果的です。

スプレーボトルに精製水9割に対し消毒用エタノールを1割、そこにハッカ油を10~20滴たらして混ぜればできあがりです。薬局で入手可能です。

 

ムカデからみて魅力のない場所にする!!

 

ムカデに限らずほとんどの生物はエサを探して徘徊しています。お家の侵入を防ぐと同時にお家の中にムカデが引き寄せられない工夫をしてみましょう。

ムカデは湿度を好みます。水回り場所の清掃を普段からこころがけることが必要です。普段の清掃から水分の拭きあげを意識しましょう。

ゴキブリもムカデのエサになります。ゴキブリ自体も駆除対象ですが、しっかりとゴキブリの駆除を行うこともムカデ対策の効果となります。

そのようなムカデですが、実際のところなんでも食べます。お菓子のカスや残飯などもムカデのエサになります。お掃除するときにはムカデのことも意識してみましょう。

 

ムカデをみつけたら逃げずに駆除を!!

 

ムカデの侵入を防ぐための工夫をどんなに凝らしてみてもやはり相手はムシです。どうしてもお家の中にはいってきてしまうことがあります。

お手軽なムカデ駆除の対策としては、ごきぶりホイホイといったゴキブリ用の粘着シートのトラップがあります。ムカデもゴキブリ同様に湿気を好み、さらにゴキブリをエサとして狙っていますので活動場所が一致します。キッチン回りにトラップを仕掛けておくとよいでしょう。

ムカデを見つけたら殺虫剤を使用して駆除をしてください。新聞紙等を丸めた紙では思わぬトラブルが発生する可能性がありますので、十分な注意をして対処してください。

トングや木炭バサミといった道具でムカデを捕まえて殺虫剤を使用するのがベストでしょう。また処理した後もしばらくは暴れて噛みつかれる可能性がありますので、注意してください。

殺虫剤が手元にない場合は、熱湯をかけて駆除してください。お家の中でムカデを見つけた場合は上記のように駆除してください。ではお家の外で見つけた場合はどうでしょう?

庭先でムカデを見つけた場合も上記のように駆除をしてください。あなたのお家が近所の家から離れた場所にあるのであれば、捕まえたあとに遠くに投げ捨ててしまうこともできるでしょうが、また戻ってきてしまう可能性や繁殖による数の増加の機会を与えてしまうことにも繋がります。

ムカデ発生の予防をこめて、見つけた場合は安全に気をつけながら駆除をするようにしてください。

 

スポンサーリンク