ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

ゆうちょ銀行のコンビニATMでの手数料はいくらかかるのか?

   

コンビニATM手数料

コンビニに設置されているATMをフル活用していますか?いまではゆうちょ銀行との提携をはじめ多くの銀行キャッシュカードが使用できる大変利便性のあるATMに進化しています。

住民票や戸籍謄本、印鑑証明までコンビニで発行できる時代になりました。インターネット回線を使用したプリント機能、宅配便の発送等、便利な機能がコンビニに集約されてきています。

24時間オープンしているコンビニATMをゆうちょ銀行のキャッシュカードをメインとして調べてみます。

スポンサーリンク

 

コンビニATM設置数ランキング

2016年時点でのコンビニ店舗数のランキングは以下のとおりです。

1.セブンイレブン

2.ローソン

3.ファミリーマート

4.サークルKサンクス

5.ミニストップ

6.デイリーヤマザキ

7.セイコーマート

以下1,000店舗未満

1位のセブンイレブンが1万8千店舗以上あり、ローソン・ファミリーマートが各1万2千店舗、4位からは桁が下がりサークルKサンクスで6千店舗と上位の3大コンビニチェーンで全体の75%を占めています。ファミリーマートがサークルKサンクスを吸収する話も最近の話題です。

繰り上がり4位となる予定のミニストップの店舗数は2千強ですので、コンビニ業界はますます大手3大チェーンの独壇場になっています。

記載してある全国チェーンのコンビニのほぼすべてにATMが設置されています。この中の3大コンビニチェーンのATMのスタイルをみてみます。

 

セブンイレブンのATM

 

セブンイレブンに設置してあるATMはもちろんセブン銀行のATMです。

セブン銀行キャッシュカードであれば、手数料は以下のとおりです。

・預入に関しては曜日・時間に関係なく常に無料です

・引出しのみ19:00~07:00まで108円です。曜日は問いません

 

ゆうちょ銀行キャッシュカードを使用した場合は、

・預入・引出しともに平日08:45~18:00まで108円

・土曜日だけ9:00~14:00まで108円

・それ以外の曜日、時間帯は216円

毎日23:55~00:05の10分間は休止扱いとなります。

 

初期のコンビニATMをご存知であれば、その手数料や取り扱い時間帯の利便性の向上に驚くほどです。

ほかのコンビニATMも含めて全国の地方銀行のキャッシュカードも数多く提携しており、日々その提携数は増加しています。

 

スポンサーリンク

 

ローソンのATM

 

ローソンは店舗により管理銀行ATMの種類が異なっています。お使いのATMに管理銀行の表示があります。

ゆうちょ銀行キャッシュカードを使用した場合は、

・預入・引出しともに平日08:45~18:00まで108円

・土曜日だけ9:00~14:00まで108円

・それ以外の曜日、時間帯は216円

手数料の料金やその時間帯設定についてはセブンATMと同一ですし、どの設置銀行ATMでも同一ですが、システムメンテナンスによる休止扱いの時間が設置銀行ATMにより微妙に違います。

日曜日の夜間から月曜日の朝まで休止扱いとなりますし、23:55~00:05のメンテナンスも存在します。

ローソンが最寄りのコンビニであれば、どの銀行ATMが設置されているか確認しておいたほうがいいですね。

 

ファミリーマートのATM

 

ファミリーマートに主に設置してあるATMはE-netとゆうちょATMです。ゆうちょATMは東京をメインとした関東地域と京都・大阪・兵庫などに設置してあります。

 

ゆうちょ銀行キャッシュカードをゆうちょATMで使用した場合は、

・預入・引出しともに24時間無料です。

自銀行のキャッシュカードですので当たり前のようにも感じますが、少し前までは考えられない利便性の向上です。

こちらも日付が変わる10分間にシステムによる休止扱いが存在します。

 

ゆうちょ銀行キャッシュカードをE-net ATMで使用した場合は、

・預入・引出しともに平日08:45~18:00まで108円

・土曜日だけ9:00~14:00まで108円

・それ以外の曜日、時間帯は216円

またまた繰り返しですが、日付の変わる10分間の休止扱いが存在します。

 

コンビニATMのまとめ

コンビニが利便性を追求した結果、ATMが設置されるようになりました。黎明期にはどのコンビニにどこのATMが設置してあり、どのキャッシュカードが使えるのかよくわからない状態でした。

コンビニ業界の勢力図がある程度定まった昨今、セブンイレブンのセブン銀行やイオン系列となったミニストップのイオン銀行等の自社グループATMの設置が進んでいます。地域によっては同じコンビニ系列なのにATMが変更されてないところもあります。

そして各社がサービスの向上を目指した結果、ATMの手数料は自社グループ銀行でなければ横並びとなりました。

設置ATMによりメンテナンスによる休止時間に差異がありますが、ゆうちょ銀行を例にとってみても手数料や取り扱い時間帯はどのコンビニでも同一です(ファミリーマートのゆうちょ銀行ATMはもちろん除きます)。

コンビニは24時間買い物ができて、買い物をするための銀行ATMまで設置してあります。使いづらかったゆうちょ銀行までカバーしているコンビニATM。

お金が緊急に必要になることもあります。最寄りのコンビニに設定してある銀行ATMを一度確認しておくといいですね。

※24時間営業ではないコンビニや銀行ATM未設置のコンビニもありますのでご注意ください。

スポンサーリンク