ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

京都府醍醐寺のお花見オススメスポット!豊太閤花見行列は必見

   

出典:www.daigoji.or.jp

出典:www.daigoji.or.jp

京都というとお寺と自然がたくさんというイメージですよね!世界文化遺産に登録されているお寺もたくさんあって、一年を通して海外からも観光客が多いと思います。

春は桜、夏は青々と茂る草花、秋は紅葉、冬はお寺に映える雪景色、と四季折々に合わせていろいろな顔をもつ京都。中でもオススメな景色が“春の桜”

そこで今回は、日本さくら名所100選に選ばれているうちの一つ、お花見のオススメスポット!京都府の醍醐寺についてご紹介致します。

スポンサーリンク

醍醐寺はどんなところなの?

京都府にある醍醐寺は春の桜でとっても有名で“花の醍醐”と言われ、「関西の行ってみたい桜名所ランキング:第一位」(2016/2/12現在)に選ばれています!

毎年3月末に桜のつぼみが開き始め、4月にはいると見事な満開の桜を見ることができます。また、4月には醍醐寺にてかの有名な「醍醐の花見」に由来した「豊太閤花見行列」も開催されます。

毎年春分の日前後に憲深林苑で咲き始める、かわづ桜から始まり、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜、三宝院にある大紅しだれ、金堂のわきにある大山桜が全て咲き終わるまでの3週間ほどの間に醍醐寺ではいろいろな種類の桜が楽しめます。その数約800本!秀吉が愛したと言われるのも納得ですよね。

住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

行き方:【電車】“地下鉄東西線醍醐駅”から歩いて10分ほど

【バス】“JR山科駅”から“京阪バス”で20分ほど

【車】“名神高速京都東IC”から20分ほど

お問い合わせ:075-571-0002

お花見のシーズン中は毎日とても渋滞します。駐車場もありますが少ししか停められないため、なるべく公共機関を利用していった方がいいでしょう。

スポンサーリンク

桜はいつが見ごろ?

京都の桜は3月下旬~4月上旬あたりが見ごろです。

定休日:なし

開園・閉園時間:9:00~17:00(受付は閉門の30分前まで)

醍醐寺は桜のライトアップはやっていないようです。

また、

・三宝院

・伽藍(金堂や五重塔など)

・醍醐寺霊宝館

拝観料がかかります。料金はそれぞれ一律で、

大人:600円

中高生:300円

小学生以下は無料となっております。

醍醐寺の見どころ!

出典:kyoto-np.jp

出典:kyoto-np.jp

醍醐寺の見どころは何と言っても“4月の第2日曜日”に行われる「豊太閤花見行列」です!

この行列は1598年に秀吉が秀頼やねね、淀殿、大名などが総勢約1300人参加したといわれる、お花見“醍醐の花見”を再現したものです。金堂前に特別舞台が作られ雅楽・今様・狂言などが披露されます。

とても人気で人が多いので、前で見たいという人は1時間以上前に行って場所取りをしておかないと良い場所では見られません!注意してくださいね。

開催日:2016年4月10日

開催時間:13:00~15:00(例年通りなら)

まだ詳しい情報は発表されていないので、興味のある方は随時調べてみてください。

さて、開催時期が醍醐寺の桜の見ごろと少しズレていることに気づきましたか?

これは、花の醍醐と言われるほど京都では有名なスポットなため、見ごろになるととてもたくさんの人で混み合います。

そんな状態の中、行事をを行うとさらに混雑するのは当たり前ですよね。そのために、開催日をあえてズラしているのですよ!

私は京都で生の桜を見たことはありませんが、テレビやネットなどで見る桜はとてもキレイでした!関西一のお花見スポット、一回は行ってみたいです。

近くに住んでいる人や、近くに行く用事がある人は是非この「醍醐寺」にも足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク