ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

2016年琵琶湖花火大会の日程とおすすめ穴場スポットまとめ

   

琵琶湖花火大会

出典:naokatsu.com

 

2016年で33回目を迎える琵琶湖花火大会は、今年度も例年と同時期である8月8日(月)に開催される予定です。なお、小雨時は決行し、荒天時は翌日8月9日(火)に延期される模様です。

天気がはっきりとしなく、決行の有無が分からない場合は、「びわ湖大花火大会実行委員会事務局へ問い合わせてみてください。開催時間は19:30?20:30が予定されています。

スポンサーリンク

 

琵琶湖花火大会概要・見どころ

 

びわ湖大花火大会は、他に類を見ない琵琶湖湖面から打ち上げられる花火大会になります。打ち上げられる花火の総数としてはおよそ10000発にもなります。

特に高速連射型の花火であるスターマインは、琵琶湖湖面から打ち上げられるため、琵琶湖から花が咲いたように見えます。

加えて、あたり一面が昼間のように明るくなる圧巻のフィナーレは一見の価値ありです。

琵琶湖花火大会穴場スポット

 

スポンサーリンク

 

びわ湖大花火大会は、びわ湖の南端に位置する大津港付近で開催されます。来場者数としては例年30万人を超え、あたりは大混雑します。

そのため、場所取りはかなり早い時間から行われており、見えやすい場所を確保するには、ありきたりですが早めに行くことをお勧めします。

また、有料席がおよそ15,000席用意されているため、それらを利用してもいいかもしれません。料金は前売り3,800、当日券4,300円と決して安くはありませんが、ゆっくりと見るには向いています。

当日券の入手も困難な場合がありますので、前もって購入しておくことをお勧めします。また、打ち上げ場所は大きく2か所に分かれており、大津プリンスホテル沖と、大津港沖になります。両方が見える中間地点の方が混み、どちらか一方の方へ寄るほど、比較的混み具合は緩やかになります。

もちろん、景観としては中間地点が最高なのですが、ゆっくり見たい方は一か所を集中して見るのも案の一つです。

 

アクセス方法

当日は公共交通機関はもちろんのこと、周辺地域では通行止めや多くの来場者の関係から、例年想像を絶する混み具合となります。

最寄りのJR駅は大津京駅、もしくは膳所駅になります。当日は帰りの切符を先に購入しておくことができますので、ぜひご利用ください。また、花火大会終了後は、まずそれらの駅に到達するまで長い行列ができます。

浴衣を着て、下駄などを履いた状態で長距離を歩くのは苦痛かと思いますが、一駅二駅分歩いて電車に乗る方が早いです。特に京都、大阪方面の電車は非常に混み合いますのでご注意ください。

そのため、草津駅など、琵琶湖線沿線の駅まで車で行き、周辺のコインパーキングに停めておくことを推奨します。帰る際には、大阪とは逆向きですので比較的空いており、満員電車に長時間揺られる必要がありません。

せっかくのお祭りで飲酒ができないのが難点ですが、大変楽なので案としてお勧めいたします。

 

スポンサーリンク