ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

立ちくらみとめまいは何故起こる?原因と知っておくべき2つの対策

   

立ちくらみ

立ちくらみは女性には特に多く、年くらみになってもなかなか気にしない方も多いため、原因や予防を知らないという方も多いのではないでしょうか?
今回は、立ちくらみの原因を中心に、予防などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

立ちくらみは何故起こるの?

そもそも立ちくらみとは、急に立ち上がったり、姿勢や体勢を変えた時に脳の血液が急激に少なくなってしまうことによってクラっとしてしまったり、目の前が真っ暗になってしまうというものです。

立ちくらみの原因として

低血圧

特に女性に低血圧という人が多いため、女性の方が立ちくらみが起きやすいとなっています。低血圧とは全身に血液を送る力が弱い人のことを言います。なかなかやる気が出なかったり、動き出しが遅かったり、食事の量が少なくなってしまったりします。

自律神経

自律神経は血圧や血液の流れ、心拍数、体温の調節などの深く関係していて、私たちの体を守っています。一番大きな働きの脳に血流をコントロールすることですが、自律神経の弱い人は、寝て起きたときに足の方に血液がたまることを防げず、均等に血液が行かなくなってしまいます。

などがありがすが、この他にも、自律神経が弱まってしまうと、自律神経障害を発症してしまったり、脳梗塞などの病気が原因ということもあります。また、病気だけが原因ではなくストレスといったものも原因になる場合もありまので注意が必要です。

スポンサーリンク

めまいと立ちくらみの違い

この立ちくらみとめまいは症状が似ているため、混乱していている人が多いようです。
立ちくらみとは、急に立ち上がったり、姿勢や体勢を変えた時に脳の血液が急激に少なくなってしまうことによって起こってしまうものです

しかし、めまいは、体力の低下や栄養不足などの疾患によって引き起こされるもので、目の前が回転してしまう感覚に襲われたり、ふわふわとするような感覚になることもあります。

血が足りていない貧血によって起こるのはめまいが多いそうです。
このように立ちくらみは日頃の生活のスピードを遅くしたり、余裕を持って行動することで防げるように感じますが、めまいの場合自分の体に何か欠陥があるということが考えられるので、病院で診てもらうということをおすすめします

めまいの他にも目の前にボヤのやと何かが写っているような感じがしたり、目の前がチカチカしているように見えてしまったら、これも病院で診てもらう必要がありそうです。

立ちくらみの対策として

たまになる場合、

ゆっくりと立ち上がること

いきなり立ち上がることで、血液が足の方に一気に行ってしまうため、立ちくらみが起きてしまうので、ゆっくりと立ち上がり、常にゆっくりと行動するようにしましょう。

鉄分を補う

具体的な食材として、ほうれん草、レバーなどがあります。
特に鉄分とビタミンを同時に取ると吸収がよくなり、なお良いです。
もちろん鉄分を補う以外に食生活に関しては、バランス良い食事を取る必要があります。

この基本的な食生活をすることによって、一番病気にもならず健康でいることができるため、薬よりも効果的な方法と考えられます。また食事と同時に適度な運動をして、気持ちも体の環境を整えていきましょう。

頻繁に起こってしまう重度な場合、すぐに病院に行って診察を受けましょう。もちろん重度になる前の体の変化を敏感に感じ取り、無理をして我慢をしないようにしましょう。

立ちくらみまとめ

今回は立ちくらみの原因や予防法についてご紹介しました。特に女性に多いということで、特に女性には低血圧の方が多いということが関係していると言われています

立ちくらみは皆さんが日常的になってしまうものから、病気からきてしまうものまで原因は様々で、自分の体の変化に敏感になっておくということが、病気だった場合の早期発見の鍵になっています。自分の体に異変を感じたのであれば、やはり診察を受けることがとても大事です

スポンサーリンク