ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

温泉旅館の男性浴衣の簡単できれいな着方まとめ

   

 

温泉浴衣男性

温泉旅館で過ごす1日は最高の時間ですね。ただ、意外と知らないのがお風呂上がりの浴衣の着方。帯の結び方などは「なんとなくこんな感じでいいのかなぁ・・・」といった感じで夕食を過ごしたり。中には、浴衣の着方がよく分からずに一日いつもの普段着でいる男性も少なくありません。

特に男性は普段着慣れてない事もあり、だらしない着方になってしまいがちでつ。ただ、せっかくの温泉旅館。お風呂から上がったあとは浴衣をカッコ良く着こなしてくつろぎたいものですね。

ここでは、誰に見られても恥ずかしくない温泉旅館にある浴衣の着方をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

温泉旅館浴衣の特徴

温泉旅館に行けば、必ずお部屋には「浴衣」が用意されています。

温泉旅館の浴衣は正式には「温泉浴衣」と言われるもので、お祭りなどで着る浴衣とは種類が違います。温泉浴衣はどちらかと言うと寝巻きの要素が強いので、普通の浴衣と比べて袖などもゆったりと仕上がっています。

帯も伊達締めに似た感じで、普通の浴衣で使用する帯より柔らかくて細いものになります。

 

上手は着方

 

スポンサーリンク

 

初級編

肌着を着けて袖を通し、衿を持って左右のバランスを確認して右の衿先を左の腰の辺りに持っていきます。肌着は汗を吸収しやすい素材でVネックがいいでしょう。

そしてその上に左の衿先を右の腰の辺りに持っていき手を離します。ここは絶対に間違わない様にしましょう。自分から見て左側が上になります。逆にすると死装束になってしまいます。目安は、衿が合わさる所がのどぼとけのすぐ下になる様な感じです。次に帯ですが、帯の中心をお腹の下につけ体を2周してから片結びか蝶結びにします。

結び目は基本、後ろか前ではありますが真後ろから少しだけ左右にずらした感じにしておくと、ちょっと着慣れた雰囲気にもなります。又、帯を後ろで結ぶ際は前で結んでから右方向にずらして後ろ側に持っていくといいでしょう。

最後に、後側にシワを作らない様帯を結んだ場所の少し上を持って、中心から左右に生地を伸ばしましょう。寒い時期は、この浴衣の上に羽織をきます。羽織は背中の縫い目が背中の中心にきているのを確認して、前で紐を蝶結びします。

 

上級編

浴衣の帯は蝶結びで問題はありませんが、上級者向けの「貝の口」と呼ばれる結び方もご紹介致します。

1.帯の先から30センチ程度の半分に折ります(帯の幅です)

2.1で半分に折ったのを腰より下に添えて下さい

3.脇からは通常の帯の幅で腰に巻いていきます

4.腰から下つま先の辺りまで帯が余るくらいに巻きます

5.右手で半分に折った帯を持ち、左手で長い方の帯を持ってきっちり帯を締めます

6.半分の帯と普通の幅の帯の長さが同じになる様にし、もし普通の幅の帯が長い時は内側に折り込みましょう

7.帯を交差させて太い帯が上に来る様にします

8.きっちりと締めます

10.帯の形を作り、帯を斜めに折りあげます

11.長い方の帯を下に下ろし、結びます

12.帯を後ろに回し右手で結んだ場所を中心を持ち、左手は後ろの中心を持ちます

13.時計回りに回し、帯を整えます

14.帯下のシワを伸ばして整え「貝の口」の出来上がり!

と、なかなか一回ではなかなかうまくいきませんので、何度も練習して上手になってくださいね。

 

スポンサーリンク