ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

2016長浜・北びわ湖大花火大会の日程と穴場スポットの紹介

   

出典:sp.jorudan.co.jp

出典:sp.jorudan.co.jp

 

琵琶湖がまるで鏡の様に花火を映し出し、空も湖もキラキラ輝く長浜・北びわ湖大花火大会。スターマインが多いので、是非琵琶湖のほとりで見て欲しい花火大会です。

スポンサーリンク

 

2016年の開催日程

2016年の日程開催日は2016年8月4日(木)19時30分から1時間の予定です。小雨決行ですが、荒天の場合は8月5日(金)が予備日です。

会場は長浜港湾一帯・豊公園一帯です。打ち上げ数は約一万発。スターマインと呼ばれる連続花火が見所で、琵琶湖の湖面に飛び交う花火が圧巻です。

 

穴場スポット

人が少ない場所を狙うには、湖周道路を少し北上していくと畑や田んぼが増えてきます。その農道付近であれば、ひともまばらでゆっくりと見れるでしょう。逆に言えば、もしも車で行く場合はそのぐらい離れないと駐車スペースもなく大渋滞に巻き込まれると思われます。

歩いて行く場合には、線路を挟んで会場とは反対側の道路などは花火大会が始まってから行ってもスペースが空いているでしょう。ですがやはり湖面に映る花火が素晴らしいので、立ち見でも琵琶湖岸で見たいところですね。

スポンサーリンク

 

アクセス方法

アクセス法(行き方:車、電車等)電車:JR琵琶湖線長浜駅から徒歩10分自動車:北陸自動車道長浜ICより15分電車で行く場合は、駅を出て琵琶湖や長浜城を目指して歩いていけば迷うことなくすぐに着きます。

ゴザなどを敷いて場所取りをする場合は、17時くらいには現地に行っておきたいですね。18時には大体の座れるスペースは埋まってしまうので、立ち見となります。開催日が平日なので、観覧に来る方も仕事帰りの方や学生さんが多く、大体同じ時間に混雑してきます。

自動車で行く場合は、早くから駐車スペースを確保する必要があります。無料の駐車場は午前10時頃にはもう満車になってしまい、周辺の有料駐車場も順次埋まっていくという感じです。また15時半からは交通規制も入りますので、ますます車では動きづらいと思います。

周辺道路も開催時間や終了直後は大渋滞になりますので、覚悟が必要です。どうしても良いスポットでゆっくり見たいという方は、有料観覧席(一般席:1,500円 イス席:2,500円)が6月13日(月)から販売されますので、そちらを利用するのもよいでしょう。

周辺ホテル

また、周辺にはホテルが数件あるのですが、ディナーや軽食付きの花火観覧プランが用意されています。中でも北ビワコホテルグラツィエは高級感もありおしゃれなので、デートにぴったりでおすすめですが、とても人気もあるので早めに予約しないと売り切れ必須です。

他にも花火クルーズや、善つき遊覧船などのリッチな観覧方法もあります。滋賀県の2大花火大会といわれている「長浜・北びわ湖大花火大会」に是非足を運んでみてください!

スポンサーリンク