ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

若白髪は予防が大事!知っておきたい若白髪の5つの予防策

   

若白髪

出典:http://xn--vusw9me4uzj7a.com/

最近若い方でも白髪の方をお見かけします。若白髪は見た目と実年齢がアンマッチとなってしまい、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

できることなら黒髪で年齢相応、もしくは若く見られたいですよね。若白髪になってしまうには原因は何あるのでしょうか?

スポンサーリンク

若白髪の原因とは?

一般的には加齢により白髪になります。この場合は、ある意味「老化現象」と言えるので致し方なく起きるものと言えます。ですが、加齢が原因ではない白髪、若白髪の場合はストレス、病気、遺伝、ホルモンバランスに原因があります。

ストレス
ストレスが溜まると、身体の中で活性酸素が発生します。この活性酸素は、身体を錆びつかせて血行障害を起こします。その影響が頭皮に出て、毛根や色素組織に悪影響が出てしまい白髪となります。

病気
胃腸疾患、貧血症、甲状腺異常などの内臓器官が弱ってくると、血液の循環が悪くなって白髪になる場合がります。。

遺伝
親が若白髪であれば、子供に遺伝するようです。統計的にも、遺伝を引き継ぐ可能性は高いとされているようです。そのため、親が若白髪であれば、遺伝と言うことも気に留めておいた方がいいです。

ホルモンバランス
食生活からくる栄養不足で白髪になることがあります。ダイエットや、偏食を行うと体内で必要とする栄養素が生命を維持する臓器から使われていくので、髪の毛に栄養が回らないことがあります。このために白髪になる場合もあります。。

若白髪は切るor抜くどっちがいい?

よく、

「白髪は抜くとその毛根からはに度々髪の毛が生えてこないので、白髪を抜くのは控えた方がいいですよ。」

また、

「白髪が気になるようであれば、抜くよりも短く切った方が後々いいですよ。」

こういった周りの声で迷われる方が多いのですが、白髪は後々のことを考えると、根元付近から切った方がよいでしょう。

なぜなら、切る場合は髪の毛の色を着色するメラノサイト細胞が再生すれば、黒い髪の毛に生まれ変わる可能性があるからです。抜く本数が多い場合、現実的ではないかもしれませんが、毛根に受けるダメージは、まったくありません。

逆に抜く場合は、本数や状況によっては毛根にダメージが残る場合が考えられます。また、1つの毛穴からは髪の毛が2~3本生えているので、白髪ではない髪まで誤って抜いてしまうことがあります。髪の毛を抜くと生えてこないというのはまったく根拠がないとされていますが、やはり毛穴にダメージを与えるのは避けた方が無難です。

他に、髪の毛を染める方法もありますが、髪の毛が伸びたタイミングで、染め直す必要があることや、毛根や髪の毛にダメージを与えることがあります。

スポンサーリンク

若白髪の改善方法は?

髪の毛には、頭皮の毛根が重要になります。この毛根のメラノサイト細胞が、髪の毛の色を決定付けます。メラノサイト細胞の活動が正常に行われていたら、黒い髪の毛が生まれてきますが、活動が不十分ですと、黒い髪として成長しません。そのため、頭皮の状態を清潔にして、血行を良くするマッサージを行ってください。

若白髪の予防法とは?

若白髪の予防には、以下の5点があります。効果があるとされているので、気になる方は、試してください。

1.食生活の改善
規則正しい生活を行って、健康的な生活を送ってください。決まった時間に三食摂って、万遍なく食材を摂取してください。メラノサイト細胞に良いとされる食材(チーズ類、大豆食品類)を積極的に摂取して、偏食やジャンクフードは控えましょう。

2.十分な睡眠
深夜の睡眠時間に、疲労回復や自律神経の正常化、成長ホルモンが生成されます。この時間を有効に活用することで、頭皮環境を含めて、血行促進が図れます。

3.頭皮マッサージ
洗髪中などに、頭皮をマッサージして血行を良くするようなことを行って下さい。

4.ストレス解消
自律神経の乱れから頭皮に影響が出るので、ストレスは溜めない様にしましょう。また、ストレス解消となることも積極的に取り入れてください。

5.タバコ
喫煙は、髪の毛に悪影響が出ることが判明しました。喫煙者で若白髪を気にされているのであれば、タバコを止めることも検討してください。
最近では、男性用の白髪染めもありますが、若い年齢であれば、根本的な対処をしておきたいものです。そのため、予防の対策を行っておくのもいいと言えます。この対策は、老化からくる白髪対策とも一致するものがあるのでアンチエージングとして行っておくことも大切です。

スポンサーリンク