ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

カミソリ負けしてる!?カミソリ負けにならない方法と対処法まとめ

   

カミソリ負け
肌を露出する季節が近づいてくると女性は特にムダ毛を処理する機会が増えますよね。すると、『あ!カミソリ負けしてる!』なんてことありませんか。

せっかくキレイに見えるようにムダ毛を処理したはずなのに、カミソリ負けが目立っていては嫌ですよね。そんな方のためにカミソリ負けにならない方法やなった場合の対処方法を紹介していきます

スポンサーリンク

なぜカミソリ負けになるのか?

カミソリ負けの主な原因は、カミソリの刃によって肌が傷つけられその結果皮膚が炎症をおこしてしまいます。カミソリの手入れが悪く錆びていたり、不衛生な状態で保管されていたりするとカミソリ負けを起こす原因を作ってしまいます。

皮膚が炎症を起こしてしまうことにより、ヒリヒリしたり、かゆみや赤み、ブツブツとした湿疹ができてしまうことがあります。もともと肌が弱い方はカミソリ負けになりやすいです

どうすればカミソリ負けにならないのか?

まず大切なのはカミソリを衛生的に保管すること、また定期的に交換を行うことも大切です。カミソリ自体に細菌が付着していることによってのカミソリ負けを防ぎます。

他には正しいシェービングを行うことです。ローションを使ったり、カミソリ用のソープなどを使用して肌への負担を極力減らした状態でシェービングを行うようにします。面倒くさいからとこのひと手間を怠ることによって、カミソリ負けを引き起こす原因になってしまいます。

また、シェービングの際は毛の流れに逆らわないように剃る様にします。流れに逆らって剃ることによってカミソリへの抵抗が増え、結果的にカミソリ負けを引き起こしてしまう原因となってしまいます。

また、肌の弱い方の場合はシェービング回数を調整することも大切です。肌を極力傷つけないようにするために2日に1回にしておくなど肌を休ませる日を作る様にしましょう

スポンサーリンク

カミソリ負けしたらどうすればよいのか?

カミソリ負けができてしまったら、放置しておくことはおすすめしません。自然に治るのを待つという方もいるかもしれませんが、かゆみや痛みが伴ったり、カミソリ負けを起こしているところから更に細菌が入ってしまって、より炎症をひどくしてしまうなんてこともあり得ます。

カミソリ負けに効く効果的な薬はオロナインです。市販薬なので薬局で手に入れることができます。また、症状のひどい場合は皮膚科の受診をしましょう。

ステロイドなどの薬が処方されることもありますが、副作用などの心配もありますので、医師の指示に従って使用し、治療しましょう。また、カミソリ負けをしてしまった時は治るまでカミソリの使用は控えましょう

カミソリ負けまとめ

いかがでしたか。
普段は男性に多いカミソリ負けですが、この時期は男性だけでなく、女性のカミソリ負けの方も増えます。肌も露出している部分が多い季節なので、カミソリ負けしてしまうと人目に付く箇所が目立ってしまうので注意してくださいね。

スポンサーリンク