ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

桜餅は東西で呼び名が違う!?道明寺と長命寺の違いの真相に迫る

   

38a474889a8d3cd4f984586bd0cc05b0_s
桜色に色付けされた生地であんこを包み、塩漬けした桜の葉で包まれた桜餅。見た目もきれいで風情があっておいしいですよね。お花見でも活躍し、桜を見ると食べたくなるものです。
子供から大人まで愛される和菓子ですが、この桜餅、2種類あるって知っていましたか。

この種類、実は関西と関東で分かれていまして、関西ではもちもちでつぶが残った生地であんこを包み込んだものを「道明寺(どうみょうじ)」と呼び、クレープ生地のような皮であんこを包み込んだもの、それは関東では「長命寺(ちょうめいじ)」と呼んでいます。
ふたつともお寺の名前のようで、最初に聞いたときは食べ物という感じがしなかったですが、それぞれ由来があります。

スポンサーリンク

関東、関西どちらがお好み?

・関西の道明寺

b4aab14fdbc488ba5d38749e920eb65e_s道明寺に使用されている、つぶつぶもちもちとした生地は道明寺粉と呼ばれています。この道明寺粉は大阪の藤井寺にある道明寺からきています。

道明寺粉は、お湯などにつければすぐに食べられることから戦国時代には武士の携帯食として重宝されており、「道明寺」にならってそう呼ばれるようになりました。現在でもお菓子の材料として使われます。

つぶつぶの独特な食感がたまらないおいしさですよね。

・関東の長命寺

c1a18944e338ebab5329d3c37eeef388_s
長命寺の門番である山本新六という人が、桜の落ち葉を掃除する際に大量にあるのだから何かにつかえないだろうかと考え、ふと塩漬けにすることを思いつき薄い皮であんこを包んでみたそうです。

その後、それらを売り出してみたところ大繁盛したところから、「長命寺」と呼ばれるようになったのだそうです。
クレープ状の皮をそっと包むところからも、上品なイメージが漂っています。

桜餅の葉っぱはどうする?

桜餅を食べるとき、いつも迷いませんか。葉っぱを食べるかどうかです。
売っているお店によっても違うようですが、基本的には葉っぱはよけて食べるようです。

桜餅の葉っぱは、中のお餅に葉っぱの香りを移すという役割と、餅が乾かないようにしっとりやわらかな口当たりを保つ役割があります。お店によっては何枚もの葉っぱを使うこともあります。

もちろん、食べても大丈夫です。食べる主義という人も多いでしょう。
葉っぱが美味しいし、塩味の葉っぱと甘いあんこの組み合わせが好きで食べるという意見や葉っぱをいちいちはがすのが面倒だし手が汚れるからという意見もあり、葉っぱを食べるファンも多いです。

また、関東は葉っぱが薄いから食べるけど、関西は厚いので食べにくいという説もあります。
ちなみに私は食べない派です。そもそも食べるという発想がなかったですね。
でもこれらの意見を見ると、なるほど一緒に食べるとおいしいのかもしれないなと思いました。

スポンサーリンク

それぞれの味を楽しんで

最後に女性には気になるカロリーについて、大きさによっても違ってきますが、関東の方があんこの量が多くなるため高カロリーになります。カロリーが気になる方はなるべく小さ目を選ぶといいかもしれませんね。

どちらもおいしいし、それぞれのファンが多いです。やはりそれぞれ地元のものが好きという人が多いですね。うどんやお好み焼きと一緒で、食べなれた味というのがおいしいのでしょう。
関西の道明寺と関東の長命寺、どちらも美味しそうですがあなたのお好みはどっちでしょうか。

スポンサーリンク