ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

除草剤の危険性に迫る!知っておきたい人体への影響

   

除草剤

お庭の芝生やお家のまわり、駐車場に生えてしまった雑草を駆除するために除草剤を使用することがあります。お手軽に雑草を処理できて雑草予防に効果がある除草剤ですが、人体への安全性はどうでしょうか?

除草剤を撒いたお庭の芝生のうえでお子さんを遊ばしてもいいものでしょうか?とても便利な除草剤ですが、正しく使用することが必要です。除草剤の安全性についての知識を覚えて、不安を感じることなく除草剤を使用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

ふと気づけば荒れ放題になってしまったお庭や家の外周。雑草が伸びみっともない見た目になっていないでしょうか?雑草を刈ったり、抜いたり雑草の駆除は大変な作業です。

そういった場合に効率よく効果的に雑草を駆除するものとして除草剤があります。雑草の種類によっていろいろな除草剤のタイプがあり、使用範囲や効果の持続期間の違いによっても粒状タイプや液状タイプといった種類があります。

植物を枯らす性質をもった薬品になりますので、便利な反面人体への影響がないのかが心配になりますね。結論的にはそれぞれの除草剤に記載されている使用方法を正しく守れば人体への害はありません。

とはいってもやはり薬剤ですので、正しい知識を覚えておくことは必要です。

 

除草剤を散布するときの注意と人体への影響

 

では、除草剤を使用するときはどのような注意をすればよいでしょうか?植物を枯らす毒性がある薬剤ですので、身体に直接的・間接的でも付着や吸引をしないように気をつけることです。

除草剤を効果的に使用することにもつながりますが、雨の日や風が強い日は使用しないでください。雨により除草剤が流れでることにより、作業中いつのまにか触ってしまう可能性があります。

粒状タイプの除草剤ですと風の強い日では飛散することもあり、吸引してしまう事態にもなりかねません。

また、作業をする際はゴーグルやマスク、手袋、長袖を着用し除草剤が素肌にふれないように注意してください。

ホームセンター等で市販されている除草剤は毒性が弱いですので、大量に摂取しない限りは危険な状態になるようなことはありませんが、万が一吸引してしまって心配な場合は病院に相談されたほうがよいです。安全性が高い市販の除草剤ですが、生きている植物を枯らすものですから注意は必要です。

除草剤は植物を枯らします。ベトナム戦争時に使用された枯葉剤と成分は異なりますが、大分類でみてしまえばどちらも植物を枯らすものです。

ホームセンターで気軽に購入できる除草剤であればご家庭での使用をメインとしてありますので、使用上の注意を守って正しく使えば問題ありませんが、除草剤の散布後した後の芝生で赤ちゃんを遊ばせるような行為はしないでください。

妊娠しているかたも使用しないほうがいいです。毒性の低い除草剤ですが、影響のでやすさは人によって違いますので大切な時期であるのであれば使用は避けてください。

 

スポンサーリンク

 

除草剤についてのまとめ

 

身体に対しての影響はほぼ皆無な市販の除草剤ですが、除草剤は農薬の一種になりますので、普段のお米や野菜といった食べ物をお買い物するときに無農薬を基本に購入されているかたは無害な雑草駆除をためすのもいいかと思います。

お湯やゆで汁を除草剤変わりに使用できますし、雑草防止シートを施工する等の対策があります。また自然由来成分で作られた除草剤も販売されています。

無害であると言える除草剤ですが、わたし自身も粒状タイプの除草剤を使用していると、呼吸の際に除草剤のわずかな粒子を吸引している感触があります。

散布中に空気中に舞い上がった粒がくだけた細かい粒子がはいってしまうのです。それにより体調不良になるようなことはありませんが、人によっては気分が悪く可能性も考えられます。

除草剤を適切で正しく使用すれば直接的な身体への悪影響はありませんが、気になるようであるならば使用しない、人が通るような場所は散布しないなどあなたの環境にあった除草剤の使い方をしてください。

 

スポンサーリンク