ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

唇が荒れて困る!?唇の荒れを防ぐ効果的な5つの解決法

   

a5032aa74cf8155376c347a4516c6a7d_s

唇が荒れてしまうと食事の時、メイクする時、人と話す時などどんな時でも気になってしまいますよね。

唇が荒れる主な原因は乾燥ですが、どうすれば防げるか、また唇の荒れを治す方法など紹介していきます。

なぜ唇は荒れるのか?

唇が荒れる主な原因は唇の乾燥です。肌の中でも唇は乾燥しやすくなっています。また、秋から冬にかけては唇も乾燥してしまいがちです。これが唇の乾燥が荒れる原因となります。

他には口紅やチップクリーム、化粧水などが肌に合っていない場合や女性の場合はメイク落としが十分に行われていない場合に唇が荒れてしまうことがあります。

スポンサーリンク

病気が原因で唇が荒れることはあるのか?

唇が荒れている状態がしばらく続いてしまう場合は病気の可能性もあります。

唇が荒れてしまう病気のひとつに口唇ヘルペスがあります。唇がヒリヒリしたり、水泡ができてしまったり、唇が荒れてしまいます。

また、口唇ガンの可能性も否めません。唇だけでなく、顎などにも影響を及ぼします。どちらの場合も病院へ行き、治療が必要になります。

病気とは少し違いますが、食物アレルギーの場合も唇が荒れてしまうことがあります。食物アレルギーの場合は食事をしてから30分から数時間程度で反応が出る場合がほとんどです。

病気が原因の場合はリップクリームでは治すことができません。病気が疑われる場合は病院へ行くようにしましょう。

どうすれば唇の荒れは防げるのか?

唇の荒れを防ぐには原因である乾燥を防ぐのが一番の方法です。空気が乾燥しやすい時期には加湿器を使用しましょう。また、唇にリップクリームを塗ることも直接的な効果がありますよ。

また、ビタミン不足の場合も唇が荒れる原因になります。なので、バランスのいい食事を摂るようにしましょう。

寝不足やストレスも唇が荒れる大きな原因の一つですので、十分な睡眠を心がけることが大切です。

スポンサーリンク

どうすれば唇の荒れは治るのか?

唇の荒れの予防と重なる部分もありますが、治す方法を紹介します。

① リップクリームを塗る
まずはリップクリームを塗って治らないか試してみるのもよいでしょう。

② バランスの摂れた食事をする
ビタミンBを積極的に摂りましょう。ただし摂りすぎもよくないと言われます。あくまでバランスのいい食事を心がけましょう。

③ ワセリンを塗る
ワセリンは薬局でも手に入ります。ワセリンを指先で叩くように塗ります。ただし、ワセリンを塗ったまま外出することは避けましょう。

④ はちみつでパックをする
はちみつを唇に塗ってラップをし、10分程度放置しておくと効果があります。はちみつを舐めてしまわないように注意しましょう。舐めてしまうと唾液によって唇を乾燥させてしまうので逆効果です。

⑤ 唇のマッサージをする
唇の血行をよくすると栄養が唇に行き渡ります。唇をつまんで揉むようにマッサージしましょう。

いかがでしたか。唇の荒れの一番の敵は乾燥です。

まずは唇が乾燥しないように対策をしましょう。リップクリームだけでなく、マスクをするのも効果的です。できることから対策していきましょう。

スポンサーリンク