ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

汗による肌荒れを治したい!知っておきたい2つの対処法

   

肌荒れ

夏場に汗をかいたあと、肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。首のまわりが赤くなって、かゆみや痛みを感じる。しかも、スキンケアをしてもなかなか治らない……

この記事では、そんな症状にどう対処したらよいかを考えていきます。

 

スポンサーリンク

 

痛みをともなう肌荒れ

 

ここでは、いわゆる「あせも」ではなくて、強い痛みをともなう症状を扱います。そこでまず、「あせも」との違いについて書いておきましょう。

 

あせもとはちがう

 

痛みをともなう症状は、いわゆる「あせも」とは別物です。あせもは汗そのものが皮膚のなかにたまっておきるもので、そもそもの原因がちがいます。

あせもはかゆみを生じさせますが、痛みをともなう場合は少ないようです。そういう意味でも、まったく別物なのです。

あせもであれば、ステロイド系の塗り薬でかなり対処できるようですが、痛みのある症状はそうしたやり方ではなかなか改善しません。

 

隠すのは逆効果

 

肌荒れの部分を衣服で隠す人もいるようですが、これはちょっと考えものです。肌荒れ部分が衣服に覆われていると、繊維とこすれることで皮膚にダメージを受けるおそれがあります。

そうなると、症状がさらに悪化していくことにもなりかねません。隠すよりも、治すことは考えたほうがいいでしょう。

 

どうやったら治せる?

 

スポンサーリンク

 

ではどうすれば治せるのか。そのことを考えるためには、まずこうした症状が起きる原因を知る必要があります。

 

塩分によるダメージが原因

 

このような肌荒れの原因は、塩分といわれています。暑くなると人は汗をかきますが、汗には塩分が含まれていますね。

汗は蒸発していきますが、塩分のほうは皮膚に残ります。その塩分が皮膚を刺激することで、肌荒れが起きるわけです。

 

対処法

 

このことを踏まえると、対処法はおのずとみえてきます。ここでは、二つの方法を考えてみましょう。

 

・塩分を除去する

まずは、皮膚に塩分が残らないようにすること。

汗をかいた後は、敏感な部分を水で洗って、塩分を洗い流すようにしましょう。そうすることで、塩分によるダメージを防ぐことができます。水で洗うのが困難な場合には、ウェットティッシュなどを携帯しておくといいでしょう。

 

・なるべく汗をかかないようにする

二つ目は、汗をかかないようにすること。そんなの無理じゃないかと思うかもしれませんが、あらかじめ肌荒れを起こしやすい部分を把握していれば、そこに汗をかかないようにするのは不可能ではありません。

とにかく、その部分を定期的に冷やすようにしましょう。保冷剤などを使って冷やすこともできますし、市販の冷却シートなども有効でしょう。

人によっては、濡れたタオルなどを使っている場合もあるようです。とにかく、こうしたアイテムを駆使して、なるべく汗をかかないようにするわけです。

 

まとめ

 

汗をかいたあとの肌荒れは、けっして改善不能なものではありません。塩分を洗い流すなど、しっかりした対策をとれば症状をやららげることはじゅうぶんできます。

ただし、ここに書いたのはあくまでも「自分でできる」方法。深刻な症状が続く場合には、皮膚科医に相談して治療してもらいましょう。

スポンサーリンク