ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

2016年彩夏祭の日程と知っておきたい穴場スポット

   

 

 

2016年彩夏祭

出典:saikasai.com

 

朝霞市の彩花祭の一旦となる花火大会は、それほど有名なものではありませんがかなり見ごたえのある花火大会となっています。都心からのアクセスもいい地域ですので、夏の夕方の散歩気分でお出かけになって見てはいかがでしょう。

スポンサーリンク

 

2016彩夏祭日程

彩花祭自体は、今年は前夜祭の8月5日からの開催ですが、花火大会は本祭初日8月6日の夜7時15分くらいからのの打ち上げとなります。

時間的には約1時間の開催が見込まれています、早めの到着を見越しておきませんとかなりの人出が見込まれますので、混雑を覚悟のうえお出かけください。なお彩花祭自体は、6日まで開催されます。

 

アクセス~間違いやすいお隣駅~

東武東上線朝霞駅から徒歩5分程度の、朝霞中央公園辺りが会場になりますが、駅周辺でも充分に鑑賞できますので混雑を避けたい方は、あえて会場まで行かないのも一つの手になります。

朝霞駅は池袋から東武東上線準急で15分程度、急行の場合は和光市駅で乗り換えで一駅先になります。お隣の朝霞台駅とお間違えの無い様になさってください、祭り自体の会場は朝霞台にもありますが、花火大会の会場は朝霞駅が至近になります。

スポンサーリンク

 

見所と豊富なイベント

約9000初の打ち上げ花火がほど1時間にわたって打ち上げられます、この花火大会は埼玉県の花火大会の人気度では5位を獲得しています。祭りの一環とは言え、本格的な打ち上げ花火の祭典を楽しめますので、お出かけの値打ちは充分にあります。

また祭りの方も、よさこい踊りコンテストなどイベントが豊富ですので、花火のついでにお楽しみになっては如何でしょう。

彩夏祭2016

出典:hanabi-navi.com

 

おすすめ穴場スポット

穴場としては都心と違って高い建物はあまりありませんので、会場付近以外でも市内の各所から花火を楽しむことが出来ます。あえて会場側を避けて、会場のある南口ではなく東口から出て東上線の線路沿いで鑑賞するのもいいかもしれません。

地元の住民などは、この線路沿いで花火を見つつバーベキューなど楽しんでいる人もいます、線路沿いは高い建物にさえぎられることが無いのでお勧めの鑑賞スポットなのです、静かに花火を楽しみたい方には穴場スポットと言えるでしょう。

 

知っておきたい注意点

どの花火大会にも言えることですが、毎年大変な人出での混雑が電車でも市内でも見込まれています。帰りの分の切符の購入や、ICカードのチャージもお忘れなく。

直前直後の混雑を避けたい方の場合は、出店など楽しんでからの鑑賞ご帰宅をお勧めします。祭りの一環としての花火大会ですので、祭りの方も楽しんでいくことが可能です、一石二鳥でお楽しみいただくことが出来ますので、どちらも充分にお楽しみください。

スポンサーリンク