ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

スマホバッテリー交換のタイミング!寿命と替え時を見極める!

   

 

スマホバッテリー

スマホの寿命といえば本体の不良よりも先にバッテリーの調子が悪くなったことで感じることがありませんか?スマホのバッテリーの寿命と交換時期を調べてみましょう。

スマホのバッテリーの換え頃やそれを伸ばすためにはどうすればいいのかを知れば、決して安い買い物ではないスマホを本体の不具合もないのに無駄に買い替えることも少なくなります。スマホのバッテリーの復活方法はないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

スマホのバッテリーに使われているリチウムイオン電池とは

 

電池

 

リチウムイオン電池とは二次電池と呼ばれる種類のもので充電をすることで何度でも使用できる電池です。これに対し充電できない電池を一次電池と呼びます。

従来の充電可能な電池と比べ、大容量・大電圧が得ることが特徴で携帯電話・スマホを中心に様々な電子機器に使用されています。

また、以前の電池と比べ充電回数によるバッテリーの劣化も少なくなっています。欠点としては満充電時の放置状態の際の劣化が激しく携帯電話のバッテリーでは劣化に伴いバッテリー自体が膨張することがあります。ガラケーの時代に経験した方も多いでしょう。

劣化による発熱や破裂、発火の可能性もあるため航空機への持ち込みには厳しい制限がかけられることも多いです。

しかしながらバッテリーとしてとても優秀であるため自動車や航空機、人工衛星にも使われているバッテリーです。

 

スマホのバッテリーの寿命と換え頃

 

スマホで使用されているリチウムイオン電池のバッテリーは一般的に500回ほどの充電により50%~70%ほど劣化するといわれています。

毎日の充電した場合、2年ほどで劣化を肌で感じるようなレベルになります。パソコンですと冷却ファン等の関係で内部に埃がたまることや、ハードディスクの物理的な消耗で本体が不調になることがありますが、スマホであれば落下させない限り本体自体の不調はなかなか発生しません。

スマホの最新アプリに対する処理能力不足以外の不調の前にバッテリーの不具合を感じることのほうが多いでしょう。

100%まで充電したはずなのにすぐにバッテリーがなくなる場合、バックグラウンドで動作しているアプリが関係している場合が多くあります。常時GPS機能やネット通信を使用するアプリはもちろんのこと常時バッテリーを使用します。

そういったアプリの機能をオフにしてもバッテリーの消耗が早く感じられるのであればバッテリーの寿命ですのでバッテリーの交換・携帯電話の買い替えを検討してください。

残念ながら劣化してしまったバッテリーの復活の方法はありません。寿命を感じたら素直に買い替えをおすすめします。iPhoneは自力でのバッテリー交換は基本的に不可ですが、スマホによってはバッテリーの単独販売もしていますので、キャリアに問い合わせてください。

メーカーやキャリアのサービスでスマホのバッテリー交換が可能です。保障プラン等に加入していればかなり安価に、それでなくても1万円ほどで多くの場合交換可能なようです。

また、交換作業が発生する場合はほぼすべてのキャリアで代替機を用意してくれます。

 

スポンサーリンク

 

スマホバッテリーの寿命を延ばそう

 

残念ながら寿命を迎えたバッテリーを復活する方法はありませんが、その寿命を延ばす方法であれば確実に存在します。

前述したとおりバッテリーの寿命はバッテリーの劣化により発生します。バッテリーの劣化は放電と充電の繰り返しに関係します。

上記の理由でヘビーユーザーとライトユーザーではスマホのバッテリー寿命にはかなりの差がでます。しかしバッテリーの寿命を延ばすために便利・面白いアプリを手放すのは違う意味でもったいない話です。

寿命を延ばすためにスマホの使い方を変えては本末転倒ですので、バッテリーの交換時期を可能な限り引き延ばすために必要な処置は満充電のまま放置しないことです。

よく耳にする話でこまめな充電がバッテリーを劣化するとありますが、その原因は二次電池のメモリー効果という働きによる容量の低下が生じるものです。リチウムイオン電池にはその効果がほとんどなく継ぎ足し充電による劣化はほぼありません。

しかし満充電時の保存では急激に劣化する特性をもつため、スマホの充電の際には制御回路により劣化を防いでいます。

寝るときにガラケーを充電し、朝起きた時に膨張していたのは、睡眠中に100%充電になり自然放電で僅かにバッテリーが使用されまたフル充電されるということが睡眠中に起きているためです。

日々進化しているスマホですからガラケーの時のような状態は起こりにくいですが、100%のフル充電になった状態では充電ケーブルを外すように注意してください。

基本的にはスマホを使用した分だけ劣化するのがバッテリーです。毎日使い倒してスマホライフを充実するのか、使用を控えてバッテリー寿命を延ばすのかはあなた次第です。

どちらを選んでもそのように把握していればバッテリーの換え頃を迎えたときにネガティブではなくポジティブに受け止められるのではないでしょうか。

スマホが不調だと思ったときには、とりあえず「再起動」をしてみるのをお忘れなく。バッテリー関連の不具合も修正されることが多々あります。

 

スポンサーリンク