ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

痰の色に括目!痰には様々な病気の情報が潜んでいます

   

eb5c41f487f7b7b5eedb9f1e59d83760_s

鼻炎もちの方は痰がよく喉に絡んでしまい不快な思いしますよね。
お年を召した方は、カーッ、ペッ!とティッシュに吐き出される方も多いですが、なかなか人前では躊躇してしまいます。

とはいっても、「痰がよく絡むのは自分は鼻炎だからしょうがない。」とあきらめていませんか。頻繁に痰が絡むと精神上よくありませんので、痰が絡む原因は鼻炎がだけではありませんのでそれ以外の原因も探ってみましょう。

スポンサーリンク

そもそも痰ってなんなのか

人間は息をしたりすると気道という場所を空気が行ったり来たりしますよね。

その気道にある粘膜は「気道分泌物」というものに覆われています。そしてこの「気道分泌物」は細胞から分泌されているものだそうです。

普段はこの分泌物はとても少ない量が分泌されていて、無意識のうちに私たちは飲み込んでいるものなんです。

ところがこの「気道分泌物」はウイルス感染や最近に攻撃されると急激に増加し、それによってウイルスや細菌をやっつけます。その結果死んでしまった細菌やウイルスが「気道分泌物」に混じって、粘り気の強いものになり痰になるのです。。
簡単に言えば痰は、気道にやってきたウイルスや細菌の死骸の塊ということになりますね。

痰には色んな種類の色がある

実は、痰の色によってなんの病に侵されているのかある程度わかります。
例えばよく目にする痰の色は黄色っぽい色だと思いますが、黄色っぽい痰は「急性気管支炎」や「急性肺炎」の可能性があります。

そのほかに緑色の痰だと「慢性気管支炎」だったり「気管支拡張症」の可能性が、さび色の痰の場合は「肺炎球菌性肺炎」「肺化膿症」の可能性があります。

透明の痰であったり、白色の痰の場合は「非細菌性感染症」「アレルギー性気管支炎」が疑われます。。その他にも、ピンク色であったり赤褐色であったり茶色や赤色の痰がでる場合もあり、その色によって疑われる病気は様々です。

スポンサーリンク

扁桃腺の切除手術を行った際には、痰は血が混じっていたので茶色っぽくなったりします。しかし普段普通に生活している中では、黄色っぽい痰や白や透明っぽい痰しか目にしたことがなかった方がほとんどではないでしょうか。

痰の色をまじまじと見ることは少ないでしょうが、場合によっては様々な病気が潜んでいることもあるので、痰がよく絡む人は、痰の色を一度よく確認してみましょう。

痰がでる時は咳も出ることが多い

痰が出るのに咳もでる症状を経験されたことのある方は大勢いらっしゃると思います。
その症状を湿性咳嗽(しっせいがいそう)というようで、痰が出ない咳の症状を乾性咳嗽(かんせいがいそう)といいます。

あまり聞きなれない単語ですが、咳が続く期間によっても病気や感染症だったり分かってきますので、いずれにしても病院へ行ってお医者さんに相談するのが一番安心できて、治すことへの近道なのだと思います。

色や期間によって病気などが分かる可能性も分かりますので、お医者さんに色や期間も伝えたうえで診てもらうと更によいでしょう。

スポンサーリンク