ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

ものもらいになったらコンタクトは?着用し続けると恐いワケ

   

ものもらいとコンタクトレンズ

ふと気づくと、まぶたの裏に異物感がある。ゴロゴロして目が痛い。鏡で見たら目が充血して、目ヤニが出たり、まぶたが腫れている。何とも言えず嫌なものですよね。ものもらいの典型的な症状です。

そんな時、もしあなたがコンタクトレンズを着用しているなら、当分の間コンタクトを控え、メガネに変えることをおススメします。コンタクトレンズの装着がものもらいの原因になっている場合があるからです。

スポンサーリンク

ものもらいとは何か

ものもらい(もしくは、めばちこ)と呼ばれる症状の原因には、大きくわけて麦粒腫霰粒腫の二種類があります。

麦粒腫は、睫毛の生え際にある分泌腺や毛穴などが、主として黄色ブドウ状球菌という細菌にが原因で発症する急性化膿性炎症です。
一方、霰粒腫は細菌感染によるものではありません。まぶたの脂肪腺の一部がつまって分泌物の排泄がうまくいかなくなったため、その周囲に分泌物がたまることによって起こる慢性の炎症です。

一見、似たような症状をもたらすものもらいですが、このように発生の原因は異なり、それによって治療法も異なります。

コンタクトを着用し続けるとどうなるか

コンタクトレンズの着用は、麦粒腫をもたらす細菌感染の原因となりえます。とりわけ、ソフトタイプのコンタクトレンズは水分を多く含むスポンジ構造となっており、黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖しやすい性質を有しているのです。

もちろん、コンタクトレンズを着用しているというだけで、ものもらいになるわけではありません。不衛生な環境でコンタクトレンズの装着することで細菌感染する可能性も高いのです。

女性の場合、アイラインを引くなどのお化粧によって分泌腺がつまりやすくなり、それがものもらいに発展してしまうこともあります。
また麦粒腫にかかった状態でコンタクトレンズの着用を続けると、たとえ治療を施したとして回復が遅くなる可能性があります。そのため、治癒するまでの間はコンタクトレンズの着用を控えてメガネに変えた方がよいのです。

ものもらいは、適切な治療を施せばそれほど大事に至る病気ではありません。しかし、麦粒腫も霰粒腫も、治療をせずに放置しておけば膿が大量にたまったり、しこりがイボのような状態となり、手術で切開しなければ治らない状態になりかねません。

また、炎症が拡大してまぶたや眼球の周りにまで膿がたまり、重病化する可能性もあるのです。このため、ものもらいにかかったかなと思ったら、すぐに眼科医に診てもらうのがベストの選択です。

スポンサーリンク

ものもらいのケアと予防について

症状がまだそれほど緊迫したものではない場合でも、最低限のセルフケアは必要です。何よりも大切なのは目の周りを清潔な状態に保つこと。ものもらいの原因いかんにかかわらず、これに勝るケアはありません。

症状が軽い場合は、市販の点眼剤を使用します。刺激物やアルコールの摂取は控えてください。炎症の悪化を防ぐためです。コンタクトの着用を控えることはすでにお伝えしました。

霰粒腫が原因のものもらいについては、蒸しタオルなどでまぶたを温め軽くマッサージすることで分泌物の排泄を促すことも効果的です。ただし、ものもらいの原因がわからない場合は逆効果となることもありますので、効果がない場合は眼科医に診てもらうことをおススメします。

最後に覚えておいていただきたいことは、疲労や睡眠不足はものもらいの大敵ということです。これらは免疫力を低下させ細菌の繁殖を助けてしまうのです。目の周りを清潔に保ち、体調を維持することが何よりも大切ということですね。

スポンサーリンク