ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

暑中見舞いを友達に出そう!面白い文例や構成例まとめ

   

暑中見舞い

暑中見舞いはあまり年賀状と違って世間一般的にはあまり馴染みがないものでありますが、一年で最も厳しい暑さ続く時期に相手の体調を気遣い自分の近況を知らせるためにある日本の古き良き文化です。

転勤、結婚等でなかなか会えなくなってしまった友人に送ってみませんか?

ネットで暑中見舞いテンプレートも便利ですし、素材だけネットで手に入れてオリジナルを作るのも面白そうですよね。

電子メールも、もちろん良いのですが、手書きの手紙などまた新鮮で良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

基本的な構成

友人なのでくだけた構成に

(1) 親しい間柄ならくだけた内容したほうが無難

・年賀状や暑中見舞いなど挨拶状をそうと思ったときにまず思い浮かぶのは「時候の挨拶で何か気の利いたのないかな?」そしてネット検索してあれこれ迷った挙句Wordのあいさつ文のひな型で落ち着くというのが私の例年のパターンです(笑わないでくださいよぉ~。)。

・もっとも、親しい間柄なら「暑中見舞い申し上げます。ヤッホー!元気?」なんて感じもよいと思います。

・相手を気遣いながら近況報告することを定義とするなら、あまりにもかしこまった内容は心の距離を置かれたような寂しさを味あわせてしまうことになると思います。

私自身の経験ですが、過去に友人だった女性が結婚してから来た手紙は、結婚前とは違う他人行儀な手紙だったときに寂しさを味わいましたから、やはり他人行儀にならないように心がけることは大切だと思っています。

 

(2)構成

1・最初はもちろん「暑中見舞い申し上げます。」これはスタンダードなので特に問題ないと思います。

私の友人ではがきに写真のみという構成の友人がいました。

どういう内容かというと、焼酎(お徳用の4リットルぐらいのアレです)に、お見舞いと書いた札を貼ったものを胸の高さにもって、にっこり微笑んでいる写真でした(焼酎、お見舞い・・・暑中見舞い・・・苦しいおやじギャグ)。

暑中見舞い

あまりに斬新な構成に笑激、いや!衝撃を受けたことは言うまでもありません。

 

2・相手の体調を気遣いながら近況報告、これは本文ともいえる内容です。

季節柄、暑さで体調を崩してる人もいますからその点に気を使いつつ、どう過ごしているのかを聞き、自分の近況報告をします。

 

3・離れた相手と心のつながりを感じられるような内容であるなら、なおよいと思います。

 

暑中見舞い文例1

ごく普通がよい方のための例文

 

(1)時候の挨拶は特にいらないなら

・「暑中お見舞い申し上げます。久しぶり!熱中症とか大丈夫?こっちはみんな元気でやってるよ。ところで、実は猫を飼い始めたのでわからないことばかりなんだ。Yは猫を昔から飼っていて詳しかったよね?今度、電話するから猫のこと色々教えてもらえると嬉しいな。では、まだ暑さが厳しい日々が続くけど体調を崩さないように互いに頑張ろう!」

・この内容なら、相手を気遣い心のつながりも感じられて、離れているけど昔と変わらない友情を感じられるのではないでしょうか?

(2)友人宛ての暑中見舞い普通編まとめ

1・相手の体調への気遣いから自分の近況報告は忘れずに。

2・心のつながりを感じさせるには相手との思い出、趣味、趣向に触れることが大切です。

3・できれば視覚的な情報、写真等を印刷することが望ましいです。

スポンサーリンク

暑中見舞い文例2

友人でも時候の挨拶が欲しい人

(1)時候の挨拶を付けた友人向けの例文

「暑中お見舞い申し上げます。猛暑の折、ビヤガーデンが恋しい季節ですね。いかがお過ごしですか?お変わりありませんか?私はビールの飲みすぎでウエストサイズがアップして後悔に打ちひしがれる今日この頃です。お元気ですか?私は元気よりエステに通うための現金が欲しいです。ところで、Nちゃんが九州に嫁いで半年も過ぎたね。互いに近くに行けるときにはご飯食べながらお話ししたいと思っています。それでは、互いに暑さに負けないようにしっかり食べて健康に過ごしましょうね。」

(2)時候の挨拶を付けた友人向けの例文まとめ

1・時候の挨拶とは要するに季語が入ればよいわけですから、まずは季語を探しましょう。たとえば、例文に出てくるビヤガーデンというのも夏の季語で、その季節で連想できるものは季語と捉えて差し障りないです。

2・親しい間柄なら冗談は必須・・・これは冗談ですがその人のキャラによりますよね?ちなみに私はギャグを求められるキャラです。

3・私が一番お伝えしたいのは、もちろん伝統を、正統派的なことを否定するつもりはありませんが、手紙は読んでくれる相手が笑顔になることを思い温かい気持ちを届けたいという思いが込められていることが一番大切だと思っています。

 

その原則さえ守れば細かいことにこだわる必要はなく相手への思いだけで筆を走らせてみてはいかがでしょうか?あなたの温もりが相手に伝わりますように願っています。

スポンサーリンク