ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

夏バテ症状と対策!知っておきたい大きな2つの原因を対処法

   

夏バテシロクマ

イベント盛りだくさんの夏、思いっきり楽しむためにも体調管理が大切です。夏バテと感じたら早目の対処ができるように夏バテの症状と対策を知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

夏バテにはどんな症状があるのか

 

 

夏バテおっとせい

 

病気ではないけれど辛い症状

 

(1)夏バテの主な症状

 

・夏バテとは自律神経の乱れによるものなのですが「だるさ」「睡眠不足」を一番先に感じる人が多いと思います。

 

・暑さのため過剰に水分補給をしてしまう事により内臓が冷え食欲不振、胃痛、胸やけ、下痢などを起こしてしまう事も多いです。

頭痛、発熱、吐き気、下痢、便秘などは夏バテではなく夏風邪の場合もあるようです。

 

・夏バテは病気ではないとはいってもこれだけの症状があると仕事も勉強も家事もうまくいかないですよね。

 

(2)夏バテにはどんな症状があるのかまとめ

 

1・自律神経の乱れによるだるさと睡眠不足

2・水分の摂りすぎによる内臓の冷え

3・頭痛、発熱、吐き気、下痢、便秘などは夏バテではなく夏風邪の場合もあります。

 

 

意外に体は冷えています

 

(1)体を温めて緩和する事が多いです

 

・頭痛、発熱、吐き気、下痢、便秘などは夏バテではなく夏風邪の場合もあると先ほども言いましたが、これにはやはり温める事が一番です。

体の外側は暑さを感じていますが、中側は冷えてしまっている場合が多くおへそ辺りを温め、ゆっくり休む事で軽減する場合が多いです。だるさには栄養ドリンクを飲む事で素早く栄養補給ができるので良いです。

吐き気、下痢が続いて水分があまりとれない時は脱水症が心配ですので医師の診察を受けるようにしましょう。

 

 

(2)症状別対処方法まとめ

 

1・夏風邪が原因の頭痛、発熱、吐き気、下痢、便秘などは体を温める事

2・だるさには睡眠と栄養補給、栄養ドリンクも有効

3・吐き気、下痢が続くと脱水が心配なので医師の診察を受ける。

 

夏バテにならないために

 

 

スポンサーリンク

 

大きな二つの原因の対処

 

(1)自律神経の乱れ、水分の摂りすぎによる内臓の冷え

 

・自律神経の乱れ

「だるさ」「不眠」は大きな温度差により起こります。

例えば外が36度もあるのに会社や家庭はエアコンを18度に設定していたとしたら温度差は18度にもなり、一日に何度も出入りをする事により自律神経は乱れてしまいます。

すると眠りにつきにくくなり、睡眠の質の低下から疲労が回復しにくくなる事で「だるさ」を感じるようになります。

対策として自律神経の乱れを起こさないようエアコンの設定温度を上げて極力、外との温度差を小さくする(5度以内が理想です。)ことですが無理ならエアコンで冷えすぎないように保温対策が必要です。ストール、カーデガン、ブランケット、レッグウォーマーなどを準備しておきましょう。

そして熱帯夜の時はエアコンを迷わずつけておいた方が良いです。ドライ設定、タイマー設定をかける事はせず通常より温度設定を高めに(27~28度)して風が直接体に当たらないようにしてつけっぱなしが良いです。(厚めのタオルケットをかけて寝れば冷えすぎる事もないと思います。)

なぜなら、ドライ設定にする事により通常以上に水分が体から失われ、タイマーが切れたら暑さで目を覚ましてしまい安眠対策とは言えないからです。お風呂も重要です。シャワーだけで済ませず38~40度ぐらいの湯船につかる事で乱れた自律神経を整える事ができます。

 

・水分の摂りすぎによる内臓の冷え

暑さをしのぐために冷たい飲み物をたくさん飲んだり氷菓子をたくさん食べたりしたりで胃が冷えて、消化酵素の働きを弱めてしまい食欲がなくなってしまいます。胃は大きな袋なのでそこに入った冷たいものが周辺の臓器にも影響を与えて冷やしてしまいます。

これが、食欲不振や、下痢などの不快な症状の原因となりますので飲み物を大量にとらない配慮が必要となります。一つの方法として、一口大の氷を製氷機で作っておく事がおすすめです。これを口の中に含みゆっくり溶かすのです。

 

口の中でゆっくり溶かす事である程度、温められた水分がゆっくり胃に入るので急激におなかを冷やす事はありませんし口の中が冷える事で清涼感は得られます。スポーツドリンクをあまり冷えていない状態で200mlほど飲んでから氷を口に含めば水分補給もしっかり行えます。

そしてなによりバランスのとれた食事、散歩、ストレッチなどの軽い運動を普段から心がけ健康を保つ取り組みをしておくという事が最も大事かもしれませんね。

 

(2)大きな二つの原因の対処まとめ

 

1・エアコンと上手に付き合う

2・一度に飲み物を大量にとらない、氷を口に含んで冷やすのも暑さをしのぐために有効

3・普段からの健康への取り組み

 

まとめ

エアコンを上手に使う事で夏の体調管理はしやすくなります。

消費電力だってつけてから高い気温の室内を冷やすまでに大きな電力消費があるので自宅にいる間はつけっぱなしにした方が消費電力の大幅な削減になる場合もあります。

それに体調管理できないためにパフォーマンスを落とし信用も落とすより多少お金がかかっても体調管理を優先した方が得だと私は思います。

スポンサーリンク