ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

体型がカバーできて可愛い水着が欲しい!タイプと色はこれがオススメ!

   

体型カバーできる水着

日本人は特に体型を気にする国民と言われています。それに比べ外国に行くと体型がどうであれ、普通に水着やビキニを何も気にすることなく着ています。

ついつい海外旅行に行くと、場所の雰囲気にのまれて大胆な水着を買ってしまいがちですが、実際日本に戻ってくると露出が多すぎて着られないものばかりだったりします。
今回は日本でも着られる、体型をカバーできて可愛いおすすめの水着をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

水着のタイプ選び

水着には大きく分けて、ツーピースタイプ(ビキニ)と別れてないワンピースタイプが有ります。お腹まわりが気になる方は、お腹が隠れるワンピースタイプを選びがちですが、実はこのワンピース、逆にお腹のムダ肉がだんだんになって目立ってしまうのです。

ですので、お腹が自家に出ているツーピースのビキニタイプのほうがお腹の肉が目立たないのです。
でも、胸のほうが小さくて貧弱に見えるのでは‥、と心配になります。そんな方はワイヤー入りで形がしっかりとしているものを選ぶといいです。カップのところに厚手のパッドが入っているものも有りますので、下からきっちりとつければ、胸も貧相には見えないで済みます。

またホルターネックのタイプも首の後でひもを結ぶのでしっかりと胸をホールドしてくれるのでおすすめです。胸をカバーする部分が小さいものは、海に入った時にずれてしまったりアクシデントがあるかもしれません。避けたほうが良さそうでしょう。

水着の色と柄は?

色は淡い色よりも濃い色を着たほうが引き締まって見えます。模様は縞より、大柄の絵がプリントされているのがお勧めです。

しかも水着はシーズン物で夏しか着られません。淡い色や薄い色だと一年経ってタンスから出してみたら黄ばんでしまい、着られないなんてことになってしまいます。色が濃ければ、柄などなくても無地でも十分ですね。

また生地自体は丈夫なものを選びましょう。弱いものだとすぐによれてしまってかっこ悪いです。また、ロング滑り台などを利用した時に摩擦であっという間に破けてしまいます。

スポンサーリンク

水着の上には何を着ればいい?

ビキニのほうが細く見えると言っても、やっぱり太もも部分が気になります。そんな方にはショートパンツをおすすめします。スカートだと水の中に入った時にゆらゆら揺れて同じく足が気になってしまいます。

ショートパンツなら水の中でもぴったりしています。それでも足の太さが気になる方は中部丈のパンツを着るのもお勧めです。

日差しの強い外にでる場合におすすめ

友達同士で海に行くときは、ショートパンツを履いた上に薄い綿生地のパレオを巻いておくと重宝します。というのも日焼け止めを塗ってきてもどうしても暑い日差しに肌が焼けてしまいます。室内の時は腰に巻いて、外に出たら解いてさっと肩からかければ日差しよけになります。パーカーなどを羽織って出るよりスマートですね。

また、海で1日がっちり泳ぐときはラッシュガード長袖が重宝します。
半袖だと中途半端なところで日焼けの跡がつき、夏の暑い時ノースリーブを着るとかっこ悪いです。

海外での水着事情

海外では体型を気にせず、きわどい水着を着ている人をたくさん見かけますが、それに加えてトップレスの女性も多く見かけます。

一緒に出かけた旦那は目のやり場に困ってしまうくらい、その方たちは堂々としています。一番びっくりしたのは、普通のプールに仰向けで寝ている人が上半身裸で、男の人かと思い近づいてみると、実は女性だったなんてことが…。

ヨーロッパでは太陽は神からの恵みで神聖な物。その神聖な光を全身に浴びることがとても御利益あるとのことで、全身でその光が浴びれるようにトップレスにするようです。さすがに授乳中であろう赤ちゃん連れのピチピチのお母さんがトップレスだったのは、女性の私でも目のやり場に困ってしまいました。

スポンサーリンク