ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

足の指が痛くて腫れる!指別の主な原因とおすすめ対策法

   

dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s

『タンスの角に足の指をぶつけた訳でも無いのに、なぜか痛い』
『痛みはないけど、なんだか足の指が腫れているような気がする』

このような症状があった時、実は病気が隠れている場合があります。

足の指によって、その理由は様々ですが、放っておくと悪化してしまう恐れがあります。そこで、今回は足の指の痛みの原因や症状等をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

指別の主な原因と対策

① 足の親指が痛い場合

【痛風】

『突然足の親指が締め付けられるように痛みだし、赤く腫れて足を動かす事すらままならない』という症状であれば、それは痛風発作です。

放っておくと半年から一年ごとに痛くなったり治ったりを繰り返し、最悪の場合は腎臓にまで影響が出てきます。尿酸値が高いと痛風になりやすく、女性よりも男性の方がなりやすいようです。

・低カロリーな食生活

・アルコールは控える

・水分を充分にとる

・軽い運動を継続的に行う

・ストレスを緩和できるようにする

という項目を心掛けた生活を意識するようにしましょう。
【種子骨炎(しゅしこつえん)】

種子骨とは、足の親指の付け根にある母指球(ぼしきゅう)についている豆のような形の軟骨の事です。これが炎症を起こす原因としては、

・ハイヒールをはいたまま長時間の立ち仕事をしている

・スポーツを普段からやっていて、つま先から接地することが多い

・硬い路面で激しい運動をよくする

というものです。これらを改善するには、足に合った靴を履き、インソールや医療用足底板を上手く活用することです。

【外反母趾】

721e55f548d382b0afa262d8d206ed61_s

知っている方も多い有名な症状ですね。足の親指の骨が「く」の字のような形になることで有名です。親指の関節の骨が外に飛び出してしまう、想像しただけでも痛くなる症状です。飛び出した骨が靴に当たり、痛みを発生させます。

・足の指を使わずに歩いている(足の筋肉が未発達)

・合わないつま先の狭い靴やゆるくて脱げやすい靴を履いている

という物が原因となり、主に女性がなりやすい症状です。

どうしても靴選びは機能性よりデザインを重視しがちですが、しっかり足に合った靴を選び、足の筋肉をつけるようにしましょう。

② 足の小指が痛い場合

【内反小趾】

外反母趾とは反対で、足の小指の関節の骨がくの字に曲がり、関節の骨が飛び出してしまう症状です。原因や対策は外反母趾と一緒ですが、男性や子供にもよく見られる症状です。

③ 足の人差し指や中指の付け根が痛い場合

【中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう)】

字面からすると、足と頭が一緒に痛くなるように見えますが、そうではありません。歩いている時に体重を支える役割が人差し指と中指にあるのですが、歩くたびにその二本の指が広がってしまい、本来よりも大きい負荷がこの二本に集約されます。そのため、痛みが起こるのです。

・足が硬く、柔軟性がない

・土踏まずが高い

という特徴のある人に多く見られます。

これらは、踵の骨格が崩れている事が主な原因になるので、なるべくかかとをしっかり包み込んでくれる安定性と、足の指を動かしやすく作られている靴を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

④ 足の薬指、中指が痛い場合

【モートン病】

・足の薬指と中指の間にしびれを感じる

・つま先で立つと痛みを感じる

・幅の狭い靴を履いて歩くと、足の裏に痛みを感じる

という症状があった場合は、モートン病の可能性があります。こちらも中足骨頭痛と同様で、合わない靴を履いてかかとの骨周辺が崩れ、なおかつつま先がアーチ状ではなくなって潰れてしまっていることが原因となります。

ヒールの低い靴を履き、足先に余裕のある合った靴を選ぶことが改善の第一歩です。

やはり自己解決は危険

いかがでしたか?痛風以外は基本的に、靴の問題だという事がわかったかと思います。ただし、自己解決しようとすると逆に悪化してしまう恐れがあります。

ですから、少しでも異変を感じたら、医師に相談してから対処して下さいね。

スポンサーリンク