ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

謝恩会の挨拶を頼まれて悩んでます?プロが教える例文の構成とコツ

   

fc3a9ac7dc8f035782d0268df9569def_s

今年もまた卒業式のシーズンが近づいて来ました。子供たちが新たな成長へのステップを踏み出す瞬間。親御さんにとっても、わが子の成長を祝う晴れがましいイベントです。

でも、卒業式後に催される謝恩会の挨拶を頼まれたことで、憂うつな気分になったりしていませんか。せっかくのお祝いなのですから、ここはスマートに気持ちよく切り抜けたいものです。

謝恩会の挨拶を難しく考える必要はありません。構成・内容・話し方の3つのポイントに絞ってご説明します。

スポンサーリンク

スピーチの構成

何ごとも型から入るのが成功への近道です。スピーチはその最たるもの。謝恩会の挨拶だって同じです。

文章の構成については、よく「起承転結」を踏まえることといわれますよね。ストーリー性の高い演劇などでは「序破急」の3段構成が昔から有名です。

でも、スピーチの構成はもっと単純です。保育園・幼稚園・小学校の謝恩会に親御さんが出席される場合は、以下の4つを押さえておけば十分なのです。

① 始めのことば
② 先生方に対する感謝
③ 先生方との思い出やエピソード
④ 結びのことば

では、それぞれ具体的に何を話せばよいのでしょう。

スポンサーリンク

どんな内容を話せばいいのか

①と④は、謝恩会の挨拶に限らず、どのような趣旨のスピーチであっても不可欠な部分です。「あ、スピーチが始まったな」「そろそろスピーチが終わるな」ということを伝える役割だけ果たせばよいのです。つまり、型が決まっています。

①は「本日はお忙しい中、お集まり下さいましてありがとうございます」ということです。④については、「先生方の益々のご活躍とご健康をお祈りして(父兄を代表して)ご挨拶にかえさせて頂きます」となります。

これだけです。①と④については奇をてらってはいけません。型通りのことばを伝えるのが一番安心して聞いていられるのです。

①に続けて、簡単な自己紹介と(父兄代表の挨拶であれば)会の趣旨を説明します。会の趣旨とは「本日はこれまでお世話になった校長先生をはじめ先生方、学校の職員の皆様にお礼と感謝の気持ちを込め、ささやかではございますが謝恩会を開催させていただきました。」ということです。これが②の部分となります。どうですか、簡単でしょう。

③の部分がスピーチのメインとなる部分です。ここでは、在園中・在学中の思い出や先生方の人柄・エピソードを語ってください。①や④のように決まった型はありません。あまり堅苦しい話、立派なこと、いいことを語ろうとしないことが大切です。

聞いている誰もがピンと来るようなイベントや先生方とのクスっとする思い出があるはず。そうした具体的エピソードを交えて、それが子供たちの成長につながったということを先生方に感謝する内容がベストですね。

02488ea9210f7d96b88d14659d390e3f_s

話し方のコツ

最後に、謝恩会での挨拶(スピーチ)のコツについて簡単に記しておきますね。

先ず、頭に叩き込んでいただきたいことは、先生方への謝意と敬意を忘れない、ということです。誰のためのスピーチかということを考えれば当然のことですが、ついつい、独りよがりな話し方になってしまいがちです。あくまでも主賓は先生方であることをお忘れなく。

それさえ踏まえておけば、エラそうなスピーチには決してならないはず。だらだらと長いスピーチもダメです。短く、簡潔にまとめましょう。

声の調子や声量も重要です。場馴れしていないと、ついつい早口になってしまいます。ここは意識して、ゆっくり、はっきり、しっかり伝わるように話しましょう。

あがり症の方は、心配であれば台本やメモ書きを用意してください。決して恥ずかしいことではありませんからね。

スポンサーリンク