ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

大葉とシソの違いとは?驚きの事実と意外な効能まとめ

   

大葉としそ

大葉とシソの違いって知っていますか?お刺身やてんぷら、梅干しにも使われる身近な食材である大葉とシソ。どのような植物で大葉とシソでは何が違うのか?ふとした疑問を解決しておきましょう。

大葉・シソには特有の香りと辛みがあり、その葉、実、茎、花まで食用可能なおいしい食材です。防腐、抗菌作用までもっている大変優れた食材でもある大葉・シソのことをちょっと知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

大葉としその違いとは?

いきなり本題となりますが、「大葉」と「しそ」の違いってなんでしょうか?「しそ」は「紫蘇」と表記するシソ科シソ属の植物の総称です。最近話題のエゴマもしその一種です。

一般的に食事のときに目にする「しそ」は青紫蘇(アオジソ)と赤紫蘇(アカジソ)で調理方法により薬味として扱われたり香味野菜として扱われたりしています。

では、普段から使っている「大葉」とはいったいなんでしょう?実は大葉は青紫蘇の葉部分だけを指し示すときに使う名称です。

学術的な表現ではありませんが、一般的にお刺身のつまやてんぷらで目にする青紫蘇の葉部分のみを「大葉」と表現します。植物として土から伸びている状態や、梅干しの色付け等に使用されている赤紫蘇を呼称するときは「しそ」と表現します。

 

紫蘇と大葉の歴史

 

しそはヒマラヤやビルマが原産で日本には中国から伝わったと言われています。「紫蘇」の和名の由来も昔の中国の名医が病人を治療する際に、紫色の葉を煎じたことで蘇ったと逸話により「紫蘇」になったと言われています。

紫蘇は茎や実、花の部分まで食用となるため、昔は葉部とその他の部位が分けられて販売されていることがありました。その際に同じ紫蘇ですので、部位を区別する必要があるため葉を束ねて販売する名称として「大葉」が使われました。

その後、消費量の拡大によってしその葉部分のみを指し「大葉」と使われることが一般的になりました。

 

赤紫蘇と青紫蘇

では青紫蘇の葉が大葉として使われ、赤紫蘇の葉はなぜ「大葉」として使われないのでしょうか?紫蘇の和名からわかるように原種としては赤紫蘇からはじまっています。品種改良等により風味等に工夫されたのが青紫蘇と言われ、栄養分に大差があるわけではないですがメインで流通している紫蘇の多くが「大葉」となっています。

赤紫蘇は梅干しやシソジュースで使用されることが大半です。赤しそ入りのおにぎりも定番ですね。

スポンサーリンク

 

大葉・しその意外な効能と栄養価!!

しその独特の香りはペリアルデヒドという成分から生まれます。防腐、防菌の作用があります。なま物であるお刺身についているのはそういった効果も期待されており、そういった衛生面からの理由も存在します。

しそ100gあたりの主成分は、

・カロリー 37kcal

・タンパク質 3.9g

・脂質 0.1g

・炭水化物 7.5g

・カロテン 11,000μg

・ビタミンC 26mg

・カルシウム 230mg。

となっており、カロテン(ビタミンA)は野菜の中ではトップクラスの含有量です。

また、米国のガン研究所ではガン予防に良いとされる植物リストに入っているほどすばらしい食材です。大葉に含まれるβ-カロテンには抗酸化作用があります。これはアンチエイジング効果と同一の働きになります。

鉄分やビタミンCも豊富に含有していますので、貧血予防の効果も期待できます。

大葉・しそは多量の栄養素を含んでいますので、昔は薬草として扱われています。効能が強いため大量摂取は避けたほうがいいです。妊婦さんや小さなお子さんの大量摂取には注意してください。

ちょっとした疑問である、「大葉」と「しそ」の違いは青紫蘇の葉の部分のみを差して「大葉」と呼称します。全国的に慣習となっている名称です。ふとした疑問で、大葉だよ、しそだよ、といった口喧嘩が始まらないように覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク